Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

thingSpeakWrite

ThingSpeak チャネルへのデータの書き込み

説明

thingSpeakWrite(chId,data,'WriteKey','your write api key') は、指定されたチャネルにデータを書き込みます。Write API キーは、'WriteKey' と、チャネルの書き込みキーを表す文字ベクトルまたは文字列で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

thingSpeakWrite(___,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value のペアの引数によって指定された追加オプションを使用します。

response = thingSpeakWrite(___) は、書き込み操作が正常に完了したときに ThingSpeak™ サーバーから提供される応答を返します。

チャネルへのデータの書き込み

チャネルの Field 1 にスカラー値を書き込みます。

thingSpeakWrite(17504,2.3,'WriteKey','23ZLGOBBU9TWHG2H')

チャネルの最初の 4 つの連続するフィールド [1,2,3,4] に数値を書き込みます。

thingSpeakWrite(17504,[2.3,1.2,3.2,0.1],'WriteKey','23ZLGOBBU9TWHG2H')

チャネルの最初の 3 つの連続するフィールド [1,2,3] に非数値データを書き込みます。

thingSpeakWrite(17504,{2.3,'on','good'},'WriteKey','23ZLGOBBU9TWHG2H')

チャネルの非連続のフィールド [1,4,6] に前述の非数値を書き込みます。

thingSpeakWrite(17504,'Fields',[1,4,6],'Values',{2.3,'on','good'},'WriteKey','23ZLGOBBU9TWHG2H')

3 つのフィールドを更新し、エントリの緯度、経度、および高度のデータを書き込みます。

thingSpeakWrite(17504,[1.1,2.3,4],'Location',[-40,23,3500],'WriteKey','23ZLGOBBU9TWHG2H')    

フィールドに値を追加せずに、経度、緯度、高度のデータをチャネルに書き込みます。

thingSpeakWrite(17504,'Location',[-40,23,3500],'WriteKey','23ZLGOBBU9TWHG2H')    

書き込み中の値のタイムスタンプをチャネルに書き込みます。指定されたタイムスタンプはローカル時間として解釈されます。

tStamp = datetime('2/6/2015 9:27:12','InputFormat','MM/dd/yyyy HH:mm:ss')
thingSpeakWrite(17504,[2.3,1.2,3.2,0.1],'WriteKey','23ZLGOBBU9TWHG2H ','TimeStamp',tStamp)    

プライベート ThingSpeak インストール上のチャネルに値を書き込みます。

thingSpeakWrite(12,[2.3,1.2,3.2],'URL','http://myServer.subnet.company.com:3000/')

チャネルへの行列値の書き込み

% Generate Random Data
data = randi(10,10,3);

% Generate timestamps for the data
tStamps = datetime('now')-minutes(9):minutes(1):datetime('now');

channelID = (Enter Channel ID)
writeKey  = (Enter Write API Key)

% Write 10 values to each field of your channel along with timestamps
thingSpeakWrite(channelID,data,'TimeStamp',tStamps,'WriteKey',writeKey)

チャネルへの table 値の書き込み

% Generate random data
dataField1 = randi(10,10,1);
dataField2 = randi(10,10,1);

% Generate timestamps for the data
tStamps = [datetime('now')-minutes(9):minutes(1):datetime('now')]';

% Create table
dataTable = table(tStamps,dataField1,dataField2);
channelID = (Enter Channel ID)
writeKey  = (Enter Write API Key)

% Write 10 values to each field of your channel along with timestamps
thingSpeakWrite(channelID,dataTable,'WriteKey',writeKey)

チャネルへの timetable 値の書き込み

% Generate random data
dataField1 = randi(10,10,1);
dataField2 = randi(10,10,1);

% Generate timestamps for the data
tStamps = [datetime('now')-minutes(9):minutes(1):datetime('now')]';

% Create timetable
dataTable = timetable(tStamps,dataField1,dataField2);
channelID = (Enter Channel ID)
writeKey  = (Enter Write API Key)

% Write 10 values to each field of your channel along with timestamps
thingSpeakWrite(channelID,dataTable,'WriteKey',writeKey)

書き込み操作の応答の取得

関数 thingSpeakWrite によって返されるチャネル応答の構造体を表示します。

channelID = (Enter Channel ID);
writeKey  = (Enter Write API Key);
response = thingSpeakWrite(channelID,{2.3,'on',good'},'Location',[-40,23],'WriteKey',writeKey)
response = 

  struct with fields:

      ChannelID: (Your Channel ID)
        Created: 23-Aug-2016 11:29:20
    LastEntryID: 2713
         Field1: '2.3'
         Field2: 'on'
         Field3: 'good'
         Field4: []
         Field5: []
         Field6: []
         Field7: []
         Field8: []
       Latitude: '-40.0'
      Longitude: '23.0'
       Altitude: []

入力引数

すべて折りたたむ

チャネル識別番号。正の整数として指定します。

データ型: double

チャネルに書き込むデータ。数値スカラーまたは数値ベクトル、cell 配列、cell 配列の文字列、table、または timetable として指定します。スカラー データを指定した場合、値はチャネルの最初のフィールド (Field 1) に書き込まれます。ベクトルまたは 1 次元 cell 配列の場合、データは Field 1 から始まる連続するフィールドに書き込まれます。

例: thingSpeakWrite(17504,{2,3,'on','good'},'WriteKey','your write api key');

例: thingSpeakWrite(17504,string({2,3,'on','good'}),'WriteKey','your write api key');

データ型: string | double | cell | table

名前と値のペアの引数

Specify optional comma-separated pairs of Name,Value arguments. Name is the argument name and Value is the corresponding value. Name must appear inside quotes. You can specify several name and value pair arguments in any order as Name1,Value1,...,NameN,ValueN.

例: thingSpeakWrite(17504,{2,3,'on','good'},'Fields',[1,2,3],'WriteKey','your write api key');

チャネルのフィールド ID。'Fields' と 1 行 n 列の正の整数値で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

例: thingSpeakWrite(17504,[2.3,1.2,3.2,0.1],'Fields',[1,2,3],'WriteKey','your write api key');

データ型: double

データ値。'Values' と、数値スカラー、数値ベクトル、cell 配列、cell 配列の文字列、table、または timetable の値で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。'Fields' パラメーターによって指定されたチャネル フィールドに書き込むデータを指定します。

例: thingSpeakWrite(17504,'Fields',[1,3,4],'Values',[1,2,3],'WriteKey','your write api key');

例: thingSpeakWrite(17504,'Fields',[1,3,4],'Values',string({2,3,'on','good'}),'WriteKey','your write api key');

データ型: table

チャネル内のデータの位置情報。'Location' と数値配列で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。位置情報には緯度、経度、高度が含まれます。次の例では、Field 1 に指定された 3 点のそれぞれに、同じ位置情報を書き込みます。

例: thingSpeakWrite(17504,[2.3,1.2,3.2,0.1],'Location',[-40,23,200],'WriteKey','your write api key');

データ型: double

サーバー接続タイムアウト期間。'TimeOut' と数値で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。タイムアウト期間は、要求が終了するまでに、サーバーへの thingSpeakRead の接続に許容される秒数です。

例: thingSpeakWrite(17504,[2.3,1.2,3.2,0.1],'WriteKey','your write api key','Timeout',15);

データ型: double

書き込みチャネルのフィールドに書き込まれるデータ値のタイムスタンプ。'Timestamp' と値で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。値は、MATLAB®datetime 値でなければなりません。

メモ

'Values''timetable' として指定している場合は、'Timestamp' を指定しないでください。

例: thingSpeakWrite(17504,[2.3,1.2,3.2,0.1],'WriteKey','your write api key','Timestamp',[datetime('2/6/2015 9:27:12')]);

データ型: datetime

プライベート ThingSpeak サーバーの URL。'URL' と 1 つの文字列の値で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。値は有効な URL アドレスでなければなりません。

例: thingSpeakWrite(17504,[2.3,1.2,3.2,0.1],'WriteKey','your write api key','URL','private.server.url');

例: thingSpeakWrite(17504,[2.3,1.2,3.2,0.1],'WriteKey','your write api key','URL',string('private.server.url'));

データ型: string | char

出力引数

すべて折りたたむ

書き込み操作のチャネル応答。構造体として返されます。構造体のフィールドは、チャネルのフィールドに書き込まれた値を示します。

データ型: struct