Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ユーザー

ThingSpeak™ のユーザー、チャネル、およびライセンスに関する情報の取得

チャネル情報は、REST API 呼び出しとユーザー API キーによって取得できます。ユーザーのライセンス タイプによって、許容されるデータのポストの頻度や合計メッセージ数など、一部の ThingSpeak 機能が決定されます。

トピック

ユーザーとチャネル

ユーザー情報とユーザーのチャネルのリストを取得する HTTP 要求を送信する。

有料ユーザーの情報

ライセンスの購入方法、ライセンスのタイプ、ユーザーの追加と削除、およびメッセージの使用状況の監視。