Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。ここをクリックして、元の英語を参照してください。

アカウントとチャネルを構成する

ThingSpeak™チャネル、ユーザー、ライセンスに関する情報

ThingSpeakチャネルの読み取りと書き込みを行うには、アプリケーションは HTTP要求の発行、MQTT メッセージのパブリッシュ、またはMATLAB®関数の使用によって、ThingSpeak サーバーに要求を送信します。各 ThingSpeakチャネルには、数値または英数字形式の 255 文字のデータのフィールドを最大 8 つ含めることができます。チャネルには、位置情報とステータス更新フィールドもあります。各チャネルデータ エントリは日付とタイムスタンプとともに保存されます。保存されたデータは時刻またはエントリ ID で取得できます。

ThingSpeak API を使用して、タイムスケーリング、平均化、中央値、合計、丸めなどの数値データを処理します。HTTP POST を使用して API キーとデータを含むフィードを投稿することで、ThingSpeakチャネルを作成および更新できます。チャネルフィードは、アプリケーションに統合するために JSON、XML、および CSV 形式をサポートしています。ライセンスとチャネルの制限の詳細については、License Options を参照してください。

すべて展開する

List Your Public ChannelsHTTP GETを使用してユーザー名のチャネルを一覧表示する
List Your ChannelsHTTP GETを使用してチャネルをリストする
List ChannelsHTTP GETを使用してパブリックチャネルを一覧表示する
Read SettingsHTTP GETでチャネル設定を読み取る
Write SettingsHTTP PUT を使用してチャネル設定を更新する
Create ChannelHTTP POST を使用して新しいチャネルを作成する
Clear ChannelHTTP DELETEを使用してチャネルからすべてのデータをクリアします
Delete ChannelHTTP DELETEでチャネルを削除する

トピック

チャネル構成

アカウント構成