Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。元の英語を参照するには、ここをクリックします。

新しいチャネルでデータの収集

この例では、解析したデータを収集するための新しいチャネルを作成する方法を説明します。パブリックThingSpeak channel 12397 - Weather Stationからデータを読み取り、新しいチャネルに書き込みます。デバイスからチャネルにデータを投稿する方法については、 「 チャネルへのデータの書き込み 」および「 APIリファレンス 」を参照してください。

チャネルの作成

  1. Sign Inアカウントの認証情報を使用してThingSpeak™からMathWorks®か、新しいアカウントを作成します。

  2. [ChannelsMyChannels]をクリックします。

  3. 「チャネル」ページで、 「New Channel」をクリックします。

  4. Field 1 ~ 3 の隣にあるボックスをオンにします。以下のチャネル設定値を入力します。

    • Name:Dew Point Measurement

    • Field 1:Temperature (F)

    • Field 2:Humidity

    • Field 3:Dew Point

  5. 設定の下部にあるSave Channelをクリックします。

    これで以下のタブが表示されます。

    • Private View:このタブには、ユーザーのみが見ることのできるチャネルに関する情報が表示されます。

    • Public View:チャネルを公開するように選択する場合は、このタブを使用して、選択したフィールドとチャネルの可視化を表示します。

    • Channel Settings:このタブには、作成時に設定したすべてのチャネル オプションが表示されます。このタブからチャネルを編集、クリア、または削除できます。

    • Sharing:このタブには、チャネルの共有オプションが表示されます。チャネルはプライベート、すべてのユーザーとの共有 (公開)、または特定のユーザーとの共有に設定できます。

    • API Keys:このタブには、チャネル API キーが表示されます。このキーを使用してチャネルに対して読み書きを行います。

    • Data Import/Export:このタブでは、チャネル データのインポートとエクスポートを行うことができます。

次のステップ

ChannelsMy Channelsをクリックすると、チャネルを今後使用できるようになります。

次の例データの解析では、パブリック WeatherStationチャネルからの温度と湿度のデータを使用して露点データを計算します。次に、温度、湿度、および計算した露点のデータを Dew Point Measurement チャネルの Field 1、2 および 3 にそれぞれ書き込むことができます。MATLAB®およびThingSpeakを使用した高度な気象分析については、MakerZone のArduino Weather Station Data Analysisを参照してください。

関連する例

詳細