Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。元の英語を参照するには、ここをクリックします。

チャネルデータ制御

API キー

ThingSpeak™ API またはMATLAB®コードを使用してチャネルにデータを読み書きする場合は、適切な読み取りおよび書き込み権限が必要です。16 桁の API キーにより、プライベート チャネルからの読み取りとチャネルへの書き込みができます。パブリックThingSpeakチャネルから読み取るには API キーは必要ありません。アカウント レベルの API キーユーザーアカウントとチャネルで説明されています。

Write API キー

Write API キーを使用してチャネルを更新します。Write API キーが漏洩した場合は新しいキーを生成できます。MATLAB Analysis またはMATLAB Visualization を使用する場合、API 情報は右側のヘルプ ペインに表示されます。

Write API キーを見つけるには、次を行います。

  • [Channels My Channels]をクリックします。

  • 更新するチャネルを選択します。

  • API Keys」タブを選択します。

Read API キー

Read API キーを使用すると、アプリケーションは API からデータを読み取ることができます。さまざまなアプリケーションに対して複数の Read API キーを生成できます。

Read API キーを入手するには、次を行います。

  • [Channels My Channels]をクリックします。

  • 更新するチャネルを選択します。

  • API Keys」タブを選択します。

  • [Generate New Read API Key]をクリックします。

API エンドポイント

HTTP API アドレス

HTTPS を使用してThingSpeakと安全に通信するには、次のアドレスを使用します。

https://api.thingspeak.com

安全でない通信はサポートされていますが、使用しないことを強くお勧めします。必要に応じて、HTTP との通信には次のアドレスを使用します。

http://api.thingspeak.com

MQTT API アドレス

ポートThingSpeak (セキュア) またはポート 8883 (1883 MQTT ブローカーと通信するには、次のアドレスを使用します。

mqtt3.thingspeak.com

TG のチャネルアクセスMATLAB

プライベートチャネルからMATLABにデータを読み取るには、 thingSpeakRead関数を使用します。

thingSpeakRead(channelID,'ReadKey','Your.Read.API.Key.String');

MATLABからデータを書き込むには、 thingSpeakWrite関数を使用します。

thingSpeakWrite(channelId,data,'WriteKey','Your.Write.API.Key.String');

API レート制限

無料ライセンスを持つユーザーはThingSpeakチャネルを15 秒ごとに更新でき、有料ユーザーは 1 秒ごとに更新できます。これ以上の頻度で更新するとエラーが発生します。どのユーザーについても、読み取り要求間の時間はThingSpeakによって制限されません。最新のライセンス情報については、Frequently Asked QuestionsおよびHow to Buyを参照してください。アプリケーションの要件を満たすように設定をローカルで変更するには、 GitHub からソース コードをダウンロードします。

API キャッシュ

データを XML または JSON を介して送信するときにキャッシュすることができます。100 件を超えるエントリを返すフィードは 5 分間キャッシュされます。この制限によりアプリケーションのパフォーマンスが改善されます。「results=100」以下を指定した最後の呼び出しまたはフィードはキャッシュされないため、ライブ アプリケーションの作成が可能になります。

関連するトピック