Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。元の英語を参照するには、ここをクリックします。

チャネルデータのインポートとエクスポート

チャネルビューの [データ インポート/エクスポート] タブを使用して、CSV データをアップロードおよびダウンロードします。

CSVデータのインポート

CSV ファイルからThingSpeak™チャネルにデータを直接インポートできます。

ThingSpeakチャネルにデータをインポートするには:

  • ChannelsMy Channelsを選択します。

  • チャネルを選択します。

  • Data Import / Export」タブを選択します。

  • ファイルを選択します。

  • [Upload]をクリックします。

CSV ファイルは UTF-8 エンコーディングを使用する必要があります。CSV ファイルがこれらのフィールド ヘッダーを使用して適切にフォーマットされていることを確認してください。カスタム フィールド名ではなく、これらの値を正確に使用してください。

created_at,field1,field2,field3,field4,field5,field6,field7,field8,latitude,longitude,elevation,status
CSV インポートは更新と見なされ、他の更新と同じ方法でメッセージを消費します。CSV ファイルは 259,200 行に制限されています。ファイルには、created_at列にタイムスタンプを持つデータ行が少なくとも 1 行含まれている必要があります。タイムスタンプは、次のいずれかの形式にすることができます。

形式サンプル日付時刻
Epoch1494878628 (1970 年 1 月 1 日からの経過秒数)2017 年 5 月 15 日、20:03:48 UTC
ISO 86012017-05-15T20:03:48-05:002017 年 5 月 15 日、20:03:48 EST
MySQL2017-05-15 20:03:48 UTC2017 年 5 月 15 日、20:03:48 EST

注記

  • タイムスタンプに UTC オフセットが含まれている場合、 ThingSpeak はこの情報を使用してデータをインポートします。タイムスタンプに UTC オフセットがない場合は、タイムゾーンを指定します。

  • すべてのタイムスタンプは一意である必要があります。重複したタイムスタンプを送信すると、すべての更新が拒否されます。それ以外の場合は、チャネル内にすでに存在するタイムスタンプを持つ更新のみが拒否されます。

CSVファイルの例

この CSV データをアップロードすると、2018 年 1 月 1 日東部標準時間午前 10 時のタイムスタンプを持つ値がフィードに書き込まれます。データはフィールド 1、3、4、8 と標高の値を設定します。

created_at,field1,field3,field4,field8,elevation
2018-01-01T10:00:00-05:00,11,33,44,88,10

CSVデータのエクスポート

チャネルからデータを CSV ファイルにエクスポートできます。

ThingSpeakチャネルからすべてのデータをエクスポートするには:

  • ChannelsMy Channelsを選択します。

  • チャネルを選択します。

  • Data Import / Export」タブを選択します。

  • デフォルトを使用するか、エクスポートのタイムゾーンを選択します。

    フィード データは、アカウント プロファイルでデフォルトとして選択したタイム ゾーンでエクスポートされます。ドロップダウン ボックスを使用して、エクスポートに別のタイム ゾーンを選択できます。デフォルトのタイムゾーンを変更するには、「Account > My Profile」を参照してください。標準タイム ゾーンのリストについては、タイム ゾーン リファレンスを参照してください。

  • [Download]をクリックします。

ファイルには次のフィールドがあります。

created_at,field1,field2,field3,field4,field5,field6,field7,field8,latitude,longitude,elevation,status

参考

| |