Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。元の英語を参照するには、ここをクリックします。

有料ユーザーの情報

ThingSpeak では無料ライセンスの他に、Student、Home、Academic、および Standard の各ライセンスが提供されています。各ライセンスのオプションには、メッセージ数や更新の頻度など、異なった特徴があります。詳細については、以下を参照してください。

ライセンスへのチャネルの関連付け

複数のライセンスがある場合は、チャネルの利用するライセンスを選択できます。ChannelsMy Channelsを選択し、変更するチャネルを選択します。[Associated License] で、ライセンス番号を選択します。

ライセンスでのユーザーの追加と削除

ThingSpeak ライセンスの管理者は、ライセンス センターでユーザーを追加または削除できます。ライセンスがあると、ThingSpeak メッセージの容量を組織内または研究グループ内の 1 名以上のユーザーと共有できます。

管理者の場合は、 MathWorks®アカウントのライセンス センターで、ライセンスに関連付けられたユーザーを変更できます。

  1. License Centerにログインします。

  2. ライセンス番号を選択します。

  3. Manage Users」タブに切り替えます。

    • ユーザーを追加するには、 「Add User」をクリックします。

    • ユーザーを削除するには、「ユーザーの削除」の下にある「X 」アイコンをクリックします。

さらにサポートが必要な場合は、 Customer Supportまでお問い合わせください。

メッセージの使用状況の監視

AccountMy Accountを選択すると、メッセージの使用状況を表示できます。毎日と毎月の使用率は、現在までの使用状況を基にしており、毎日 1 回更新されます。

表示される使用率の情報は、ユーザーのタイプによって異なります。

  • ライセンス管理者は、ライセンスをもつ各エンド ユーザーが使用した合計メッセージ数を表示できます。

  • ライセンス管理者以外の、ライセンスをもつエンド ユーザーには、自分のアカウントに関連したメッセージの使用状況のみが表示されます。

関連するトピック