Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。ここをクリックして、元の英語を参照してください。

データに基づく行動

ThingSpeak™ アプリを使用してアクションをトリガーしたり、データを変換および視覚化したりできます

Web からデータをアップロードしたり、デバイスから ThingSpeak IoT プラットフォームチャネルにデータを送信したりできます。これらのアプリを使用して、ThingSpeakチャネルのデータを変換および視覚化するか、アクションをトリガーします。

アラート API インターフェイスを使用して、ThingSpeak データに応答する電子メールをスケジュールします。

TalkBack API インターフェイスを使用して、 TalkBackデバイス キューを制御します。

アラートAPI

すべて展開する

Send AlertHTTP POST を使用して電子メール アラートを作成する
Get Alert HistoryHTTP GETでアラート履歴を取得する

TalkBack API

すべて展開する

Add CommandTalkBackコマンドをTalkBackキューに追加する
Get CommandTalkBackキューからTalkBackコマンドを取得する
Get All CommandsTalkBackキューからすべてのTalkBackコマンドを取得する
Get Last Command最後に実行されたTalkBackコマンドをTalkBackキューから取得する
Update CommandTalkBackキューのコマンドを更新する
Execute CommandTalkBackキュー内の次のTalkBackコマンドを実行します
Write Data and Execute TalkBack CommandHTTP GETまたはPOSTでチャネルデータを更新し、 TalkBackコマンドを実行します
Delete CommandTalkBackコマンドをTalkBackキューから削除します
Delete All CommandsTalkBackキュー内のすべてのTalkBackコマンドを削除します

トピック

ThingSpeak データに対するアクションをトリガーする

ThingSpeak を使用して他の Web サイトで行動する

データの分析と表示

TalkBackを使用してデバイスに応じて操作する