Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ThingSpeak アプリ

データの変換と可視化、またはアクションのトリガー

ThingSpeak™ IoT プラットフォーム チャネルに対しては、Web からデータをアップロードしたり、デバイスからデータを送信したりします。以下のアプリを使用して ThingSpeak チャネル上のデータの変換および可視化や、アクションのトリガーを行います。

概念

アクション

ThingTweet アプリ

デバイスを使用して警告やメッセージをツイートする。

TweetControl アプリ

特定のトリガー ワードを含んだツイートに応答する。

TimeControl アプリ

TimeControl アプリに他のアプリをリンクして、反復アクションを実行またはスケジュールする。

React アプリ

特定の条件が満たされるとチャネル内のデータに対して応答する。

TalkBack アプリ

キューにあるコマンドに基づいて任意のデバイスを動作させる。

ThingHTTP アプリ

デバイスと Web サービスのインターフェイスおよび API。

解析

MATLAB Analysis アプリ

チャネルのデータを解析する。

MATLAB Visualizations アプリ

チャネルのデータを可視化する。

Plugins アプリ

チャネル内のデータのカスタム可視化をプラグインによって表示する。

例および操作のヒント

ThingSpeak アプリを使用した、チャネルの非アクティブ状態に対する監視と動作

チャネルを非アクティブにする可能性があるセンサーの障害を感知し、それに対処する。

MATLAB の TalkBack アプリを使用してコマンドをキューに入れる

MATLAB® 関数を使用して、コマンドを TalkBack アプリのキューに入れる。