Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ThingSpeak アプリ

データの変換と可視化、またはアクションのトリガー

ThingSpeak™ IoT プラットフォーム チャネルに対しては、Web からデータをアップロードしたり、デバイスからデータを送信したりします。以下のアプリを使用して ThingSpeak チャネル上のデータの変換および可視化や、アクションのトリガーを行います。

概念

アクション

  • ThingTweet アプリ
    デバイスを使用して警告やメッセージをツイートする。
  • TweetControl アプリ
    特定のトリガー ワードを含んだツイートに応答する。
  • TimeControl アプリ
    TimeControl アプリに他のアプリをリンクして、反復アクションを実行またはスケジュールする。
  • React アプリ
    特定の条件が満たされるとチャネル内のデータに対して応答する。
  • TalkBack アプリ
    キューにあるコマンドに基づいて任意のデバイスを動作させる。
  • ThingHTTP アプリ
    デバイスと Web サービスのインターフェイスおよび API。

解析

例および操作のヒント