Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。ここをクリックして、元の英語を参照してください。

TimeControl アプリ

TimeControlアプリは、他のThingSpeak™アプリと連携して動作します。MATLAB AnalysisThingHTTPThingTweet、またはTalkBack は、特定の時間または日にアクションを実行します。定期的なスケジュール。TimeControl は以下で使用できます。

  • ThingHTTP と共に使用して、デバイス、Web サイトまたは Web サービスと通信する。

  • MATLAB®データに基づいて実行する分析。

  • ThingTweetを使用してTwitter®経由でアラートを送信します。

  • TalkBack と共に使用して、デバイス用のコマンドをキューに追加する。

たとえば、 Twilio®経由で誰かを呼び出したり、デバイスを制御したり、HTTP要求を受け入れるサーモスタットに接続したりするThingHTTP要求を作成できます。

メモ

TimeControl の数は、ユーザーあたり 12 に制限されています。

TimeControl でアクションをスケジュール

  1. ThingSpeakにサインインします。

  2. AppsTimeControlを選択します。

  3. [New TimeControl]をクリックします。

  4. TimeControl の設定を編集します。

    • Name:この TimeControl の一意の名前を入力します。

    • Time Zone:タイム ゾーンはアカウントの設定に基づいています。プロファイルのタイム ゾーンを変更するには、[edit] をクリックします。

    • Frequency:TimeControl を 1 回実行するか、定期的に繰り返すかを選択します。

      メモ

      無料ライセンスを持つユーザーは、定期的な時間制御をアクティブにしておくために、少なくとも 60 日に 1 回ThingSpeakにログインする必要があります。

    • Recurrence:繰り返しパターンを選択します。

      • Week:毎週指定の曜日。

      • Day:毎日指定の時刻。

      • Hour:指定した時間間隔。繰り返しがHourに設定されている場合、 TimeControlの開始時刻を指定することはできません。

      • Minute:指定した分間隔。繰り返しがMinuteに設定されている場合、 TimeControlの開始時刻を指定することはできません。

    • Time:TimeControl を実行する時刻を入力します。HourおよびMinuteの繰り返しの場合、 ThingSpeak はTimeControlを自動的にスケジュールします。開始時間は、TimeControl を編集するたびに再スケジュールされます。TimeControl を保存した後に、開始時間と日付を必ず確認してください。

    • Fuzzy Time:TimeControl を実行するための、スケジュール時刻を中心とした分数を選択します。基本間隔は、5 分間のファジー時間の場合は少なくとも 12 分、10 分間のファジー時間の場合は少なくとも 30 分である必要があります。

    • Action:指定したパラメーターが満たされたときにトリガーするアクションを選択します。

      • MATLAB Analysis:スケジュールされたコードを実行します。

      • ThingHTTP:Web サーバーに接続してデータの読み取りまたは書き込みを行います。

      • ThingTweet:指定したTwitterアカウントにツイートします。

      • TalkBack:デバイスに送信するコマンドをキューに入れます。

TimeControl の実行

ThingSpeakサーバーは、タイム ゾーンに基づいて、指定された時刻にTimeControl を自動的に実行します。タイムゾーンが ThingSpeak profileで正しく指定されていることを確認してください。複数の TimeControl が同じチャネルへの書き込みをトリガーする場合でも、メッセージ更新の制限には従わなければならないことに注意してください。

ヒント

TimeControl は厳密に 24 時間のサイクルで実行されます。夏時間による時刻の変更を算入するには TimeControl を変更します。

置き換えキー

置換キーを使用してデータをアプリに渡すことができます。次の表は、使用可能な標準とカスタムの置き換えキーをまとめています。一部のキーは特定タイプの要求に固有のものであり、最後の列に示されています。

キー説明使用対象
%%YOUR_CUSTOM_LABEL%%ThingHTTP はこのカスタムの置き換え値を、"YOUR_CUSTOM_LABEL" のラベルをもつトリガー要求のデータに置き換えます。field1=%%YOUR_CUSTOM_LABEL%% POST データ:YOUR_CUSTOM_LABEL=1234.結果:field1=1234任意の要求
%%channel_CHANNEL_ID_field_FIELD_NUMBER%%指定されたチャネルおよびフィールドの最後の値。ThingHTTP 要求と同じユーザーが所有していないプライベート チャネルへの置き換え要求には、空白の値が返されます。The latest value is «%%channel_12_field_1%%».結果:The latest value is «2.5»。任意の要求
%%datetime%%TimeControl または React が実行されたときの完全な日付と時刻。The date and time the event occurred is «%%datetime%%».結果:The date and time the event occurred is «2014-09-24 5:32 pm»。TimeControl または React
%%day%%TimeControl が実行されたときの曜日の名前。The day the event occurred is «%%day%%».結果:The day the event occurred is «水曜日»。TimeControl
%%day_index%% 日曜日から始まる 0 ベースの曜日インデックス。The number of days used this week is «%%day_index%%».結果:The number of days used this week is «3»。TimeControl
%%hour%%TimeControl が実行された時数。The hour that the event occurred is «%%hour%%».結果:The hour that the event occurred is «5»。TimeControl
%%minute%%TimeControl が実行された分数。The minute the event occurred is «%%分%%»。結果:The minute the event occurred is «30»。TimeControl
%%trigger%%React をトリガーした値。It is way too hot in here at «%%トリガー%%» C.RESULT:It is way too hot in here at «40» CReact
%%channel_id%%React をトリガーしたチャネルの ID。The channel that tweets is «%%channel_id%%».結果:The channel that tweets is «1256»。React

ThingHTTP を使用したチャネル ステータスの更新

この例では、ThingSpeakチャネル「field1」を更新する方法を示します。TimeControl は、指定の時刻にステータス メッセージとタイムスタンプを使ってチャネル データを更新する ThingHTTP 要求をトリガーします。

ThingHTTP 要求の作成

ThingHTTPで、次のパラメーターを指定してThingSpeak Channel Updaterという名前を入力します。

  • URL:https://api.thingspeak.com/update

  • Method:POST

  • Body:

    api_key=THINGSPEAK_WRITE_KEY&field1=TimeControl%20test&status=Executed at %%time%%.

TimeControl の作成

TimeControl に名前を付けて、以下のパラメーターを入力します。

  • One Timeボックスをチェックします。

  • 現在の曜日を選択します。

  • 近い将来の時と分を選択します。

  • アクションとしてThingHTTPを選択します。

  • then perform ThingHTTP」フィールドで、このTimeControlをトリガーするために作成したThingHTTPを選択します。

  • TimeControl を保存します。

指定した時刻に、チャネルが自動的に更新されることを確認します。

MATLAB分析コード エラーのあるTimeControlアプリ

MATLABをトリガーする TimeControls エラーのある分析コードは、いくつかの連続エラーがトリガーされると実行を停止します。MATLABAnalysis アプリの Notify me via email if this MATLAB Analysis fails when triggered by TimeControl or Reactチェックボックスをオンにすることで、電子メールでアラートを受け取るように選択できます。