Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。元の英語を参照するには、ここをクリックします。

Write Data and Execute TalkBack Command

HTTP GETまたはPOSTでチャネルデータを更新し、 TalkBackコマンドを実行します

要求

HTTPメソッド

POSTまたはGET

URL

https://api.thingspeak.com/update.<format>

URLパラメーター

名前説明

<format>

HTTP 応答の形式。 jsonまたはxmlとして指定します。

≪例:≫ https://api.thingspeak.com/update.json?api_key=XXXXXXXXXXXXXXXXtalkback_key=YYYYYYYYYYYYYYYY

Body

名前説明値のタイプ
api_key

(必須) この特定のチャネルの書き込み API キーを指定します。THINGSPEAKAPIKEY HTTP ヘッダーを使用して書き込み API キーを送信することもできます。書き込み API キーは、チャネルビューのAPI Keysタブにあります。

文字列

talkback_key

(必須) TalkBackの特定のインスタンスの API キー。TalkBack API キーを含めると、キュー内の次のコマンドが削除され、応答でコマンドが返されます。

文字列
field<X>

(オプション) フィールド X データ。X はフィールド ID です。

どれでも
lat

(オプション) 度単位の緯度

10進数

long

(オプション) 度単位の経度

10進数
elevation

(オプション) メートル単位の標高

整数
status

(オプション) ステータス更新メッセージ

文字列
twitter(オプション) ThingTweetにリンクされたTwitter®ユーザー名文字列
tweet(オプション) Twitterステータス更新文字列
created_at

(オプション) フィード エントリが作成された日付( ISO 8601形式) (例: 2014-12-31 23:59:59 )。チャネル内で一意である必要があります。タイムゾーンは timezoneパラメーターを使用して指定できます。

datetime

Content-Type

Content-Type はPOST メソッドにのみ必要であり、 GETメソッドには必要ありません。

JSON 形式での更新にはapplication/jsonを使用します。

他のすべての更新にはapplication/x-www-form-urlencodedを使用します。

応答

成功

HTTPステータスコード

200 OK

Body

 テキストの例

 JSON の例

 XML の例

エラー

完全なリストについては、 エラー コードを参照してください。

すべて展開する

POSTMANを使用すると、 ThingSpeakの RESTful API を使用した HTTP要求を試すことができます。この例では、チャネルの更新とPOSTMANを使用した既存のキューからのTalkBackコマンドの実行を同時に行う方法を示します。

123をチャネルのフィールド 1 に書き込み、既存のTalkBackキュー内の次のTalkBackコマンドを返します。

POST https://api.thingspeak.com/update
     api_key=XXXXXXXXXXXXXXXX
     talkback_key=YYYYYYYYYYYYYYYYY

  1. POSTMANで、HTTP 動詞のドロップダウン リストから POST を選択し、アドレス バーにhttps://api.thingspeak.com/updateと入力します。

  2. 追加のパラメーターと値を入力します。

    • Key:api_keyValue:XXXXXXXXXXXXXXXX

    • Key:talkback_keyValue:YYYYYYYYYYYYYYYY

応答はテキスト形式です。サーバー応答値 200 OK に注目してください。これは、チャネルの更新とTalkBackコマンドの実行が成功したことを示しています。

実行されたコマンドは応答に表示されます。

制限

すべてのタイムスタンプは一意である必要があります。チャネル内の既存のデータと一致するタイムスタンプを使用して新しいデータを書き込むことはできません。