Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。ここをクリックして、元の英語を参照してください。

React アプリ

React はThingHTTP、 ThingTweet、およびMATLAB®分析アプリと連携して、チャネルデータが特定の条件を満たしたときにアクションを実行します。たとえば、モバイル アプリに緯度と経度をThingSpeak™チャネルに報告させることができます。自分の位置が自宅から特定の距離範囲内に入ったときに、ThingHTTP でリビング ルームの照明をオンにすることができます。

メモ

React を使用するときにTest FrequencyOn Data Insertionに設定しBulk-Write JSON Dataアプリを使用すると、 React は、一括更新要求ごとに 1 回トリガーされます。ConditionConditionTypeと一致すると、 Conditionが複数回一致した場合でもトリガーされます。

React を特定のTest Frequencyと特定のCondition Typeで実行するように設定する場合は、 がどのように動作するかに注意してください。 React がトリガーされます。データは時間の経過とともに収集され、バッチとして更新されるようになりました。TG Condition TypeをトリガーするReact は、単一のデータ バッチ内で異なる場合があります。

チャネル データに対する反応を定義

  1. AppsReactを選択します。

  2. [New React]をクリックします。

  3. 以下を選択します。

    • Condition Type

    • Test Frequency

    • Action

    • Options

  4. [Save React]をクリックします。

Condition Type

ThingSpeakチャネルは、数値センサー データ、テキスト、文字列、ステータス更新、および地理的位置情報をサポートします。これらの [Condition Type] を使用して、チャネルのデータに基づいて反応をトリガーする条件を指定します。

String

この条件は、ThingSpeakチャネルフィールド内の ASCII 文字を含むテキスト文字列をテストします。たとえば、“チャネル 1、Field 1 が青に等しい場合は、照明を青にセットする” などです。

文字列についてテストするときは以下の制約でデータをチェックします。

  • contains

  • starts with

  • ends with

  • is equal to

  • is not equal to

Status

この条件は、チャネル内のThingSpeakステータスをテストします。ステータス フィールドはツイート内のテキストに似ています。ステータス内で語句を検索し、テスト条件が満たされたときに ThingHTTP 要求を送信することができます。

ThingSpeakチャネルステータスをテストするときは、次の制約を使用してデータを確認します。

  • contains

  • starts with

  • ends with

  • is equal to

  • is not equal to

Numeric

ThingSpeakチャネルのフィールドにセンサー データまたは数値データがある場合は、数値条件を使用します。たとえば、電力使用量が 300 ワットを超えている場合、 ThingTweetアプリを使用してこのツイートを投稿するには、数値条件を使用します。

“電力の使いすぎです”

また、 ThingHTTPを使用して、HTTP要求を受け入れる別のサービスまたはデバイスに制御コマンドを送信できます。

ThingSpeakチャネルフィールドの数値をテストするときに、次の制約を使用してデータを確認します。

  • is greater than

  • is greater than or equal to

  • is less than

  • is less than or equal to

  • is equal to

  • is not equal to

Geo Location

この条件は、 ThingSpeakチャネルの位置データをチェックします。たとえば、緯度と経度をThingSpeakチャネルに報告するモバイル アプリがある場合、自分の位置が家から一定の距離内にあるときにリビング ルームの照明をオンにすることができます。

ThingSpeakチャネルで位置情報をテストする場合は、次の制約を使用してデータを確認します。

  • is within

  • is farther than

No Data Check

この条件は、ThingSpeakチャネルが指定された間隔でデータを受信して​​いるかどうかをチェックします。指定した時間範囲内にデータの更新が発生しなかった場合、React アプリで選択されたアクションがトリガーされます。たとえば、停電によってデバイスが停止され、チャネルが更新されていない場合にアクションをトリガーできます。アクションをトリガーするまでの、チャネルが新しいデータを受信しない時間の長さを指定します。

Test Frequency

指定した条件についてテストする頻度を選択します。

  • On Data Insertion:データが挿入されるたびにテストします。まったく同じ条件に対して、On Data Insertionを使用して複数の React を構成することはできません。

  • Every 10 minutes:時計上の 10 分ごとにテストします。たとえば、10:08 a.m. に作成された React は 10:10 にトリガーされ、その後は 10 分ごとにトリガーされます。

  • Every 30 minutes:時計上の 30 分ごとにテストします。

  • Every 60 minutes:時計上の 1 時間ごとにテストします。

Action

MATLAB AnalysisThingHTTPをトリガーしたり、 ThingTweetアプリを使用してツイートを送信したりできます。

置き換えキー

置換キーを使用してデータをアプリに渡すことができます。次の表は、使用可能な標準とカスタムの置き換えキーをまとめています。一部のキーは特定タイプの要求に固有のものであり、最後の列に示されています。

キー説明使用対象
%%YOUR_CUSTOM_LABEL%%ThingHTTP はこのカスタムの置き換え値を、"YOUR_CUSTOM_LABEL" のラベルをもつトリガー要求のデータに置き換えます。field1=%%YOUR_CUSTOM_LABEL%% POST データ:YOUR_CUSTOM_LABEL=1234.結果:field1=1234任意の要求
%%channel_CHANNEL_ID_field_FIELD_NUMBER%%指定されたチャネルおよびフィールドの最後の値。ThingHTTP 要求と同じユーザーが所有していないプライベート チャネルへの置き換え要求には、空白の値が返されます。The latest value is «%%channel_12_field_1%%».結果:The latest value is «2.5»。任意の要求
%%datetime%%TimeControl または React が実行されたときの完全な日付と時刻。The date and time the event occurred is «%%datetime%%».結果:The date and time the event occurred is «2014-09-24 5:32 pm»。TimeControl または React
%%day%%TimeControl が実行されたときの曜日の名前。The day the event occurred is «%%day%%».結果:The day the event occurred is «水曜日»。TimeControl
%%day_index%% 日曜日から始まる 0 ベースの曜日インデックス。The number of days used this week is «%%day_index%%».結果:The number of days used this week is «3»。TimeControl
%%hour%%TimeControl が実行された時数。The hour that the event occurred is «%%hour%%»。結果:The hour that the event occurred is «5»。TimeControl
%%minute%%TimeControl が実行された分数。The minute the event occurred is «%%分%%»。結果:The minute the event occurred is «30»。TimeControl
%%trigger%%React をトリガーした値。It is way too hot in here at «%%トリガー%%» C.RESULT:It is way too hot in here at «40» CReact
%%channel_id%%React をトリガーしたチャネルの ID。The channel that tweets is «%%channel_id%%».結果:The channel that tweets is «1256»。React

Options

  • Run action only the first time the condition is met:条件が前回は false で今回 true になった場合にアクションをトリガーします。

  • Run action each time condition is met:条件が true になるたびにアクションをトリガーします。

MATLAB分析コード エラーのある React アプリ

React を使用するMATLAB分析コードがある場合、 MATLAB分析コードに多数の連続エラーがあると、React は実行を停止します。MATLABAnalysis アプリのNotify me via email if this MATLAB Analysis fails when triggered by TimeControl or Reactチェックボックスをオンにすることで、電子メールでアラートを受信するように選択できます。