Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。ここをクリックして、元の英語を参照してください。

MATLAB分析アプリ

MATLAB Analysisを使用して、 ThingSpeak™チャネルに保存されたデータを調査します。次に、 TimeControlを使用して特定の時間にコードをトリガーするか、 Reactアプリを使用して、設定された条件が満たされたときにトリガーします。アプリでは、以下のような解析を実行できるサンプル コード付きのテンプレートが提供されています。

  • 平均湿度の計算

  • 露点の計算

  • 摂氏から華氏への変換

  • データ外れ値の除外

  • データの欠損値の置き換え

ThingSpeakのMATLAB®関数とツールボックスを使用して、 MATLABアドオン ツールボックスにアクセスするチャネルからのデータを分析します。分析後は、 MATLABビジュアライゼーション アプリで説明されているように、チャネルにデータを書き込んだり、ビジュアライゼーションを作成したりできます。

MATLABでデータを分析する

  1. [AppsMATLAB Analysis]をクリックします。

  2. New」をクリックしてコードの使用を開始します。

  3. テンプレートまたは実行することのできるサンプル コードを含む例を選択します。

  4. [Create]をクリックします。

MATLAB分析設定

  • Name:解析の名前を入力します。名前を変更したときは、必ず Enter キーを押すか名前のボックスの外側をクリックします。保存された解析の名前が自動的に更新されます。

  • MATLAB Code:カスタム コードを入力するか、サンプル コードを自分のデータで変更します。

  • Save and Run:クリックしてコードを保存し、実行します。

  • Save:クリックして、コードを実行せずに解析を保存します。このボタンのアスタリスクは、変更が保存されていないことを示します。

  • Output:このフィールドにコードの出力が表示されます。これを使用してコードをデバッグし、変更します。

  • Clear Output:クリックしてコード出力をクリアします。

  • Schedule Actions:このMATLABコードを使用して、スケジュールするアクションを選択します。

    • MATLAB分析失敗の通知を電子メールで受け取る

    • 指定した時刻にコードが実行されるようスケジュールする。

    • チャネルのデータが事前定義した条件を満たすとコードが実行されるようにスケジュールする。

  • Delete:クリックして解析を削除します。

  • My Channels:以下の情報を含む、保存されたチャネルに関する情報を表示するにはこのタブをクリックします。

    • チャネルの名前

    • チャネルの ID

    • Write API キーおよび Read API キー

    • チャネルのフィールド

  • Documentation: MATLABAnalysis アプリの使用方法については、このタブをクリックしてください

  • New Channel:解析したデータの値を保持するための新しいチャネルを作成するにはこれをクリックします。

MATLABは初めてですか?

制限

  • MATLABAnalysis アプリは図の生成をサポートしていないため、このアプリではプロットを生成できません。

  • ThingSpeak MATLABチャネルに書き込まれるデータは、投稿レートの制限に従う必要があります。ライセンスで許可されている期間内にチャネルに複数回書き込もうとすると、データが失われる可能性があります。

  • 無料ライセンスを持つアカウントの場合、非アクティブ状態が長期間続くと、MATLAB分析の実行が無効になります。TimeControlと React アプリに関連付けられたMATLAB Analysisアプリの場合、中断することなく実行を継続できるように、少なくとも 60 日に 1 回ThingSpeakにログインする必要があります。

参考

関数

関連する例

詳細