Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

NaN 値を無視した平均値の算出

この例では、ThingSpeak™ チャネルのデータの平均値を、NaN 値を無視して求める方法を説明します。

メモ

この例を実行するには、Statistics and Machine Learning Toolbox を使用するライセンスの与えられた MathWorks アカウントにログインしていなければなりません。

気象計の ThingSpeak チャネルからのデータの読み取り

ThingSpeak のチャネル 12397 には、マサチューセッツ州ネイティックにある MathWorks® の気象計のデータが含まれています。データは 1 分ごとに収集されます。Field 3 と 4 には、それぞれ湿度と温度のデータが含まれています。関数 thingSpeakRead を使用して、チャネル 12397 から直近の日のデータを読み取ります。

data = thingSpeakRead(12397,'NumDays',1,'Fields',[3 4],'outputFormat','matrix');

NaN 値なしでの平均値の算出

関数 nanmean は、NaN 値を削除した後に計算された平均値の行列を返します。

mean = nanmean(data)
mean =

   47.5840   72.5186

参考

関数