Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

FRED からの現在の金融データの取得

この例では、Federal Reserve Economic Data (FRED) に接続し、現在の金融データを取得する方法を説明します。

メモ

この例を実行するには、Datafeed Toolbox を使用するライセンスの与えられた MathWorks アカウントにログインしていなければなりません。

FRED への接続

関数 fred を使用して、URL https://research.stlouisfed.org/fred2/ の FRED データ サーバーに接続します。

c = fred('https://research.stlouisfed.org/fred2/');

現在の財務データの取得

関数 fetch を使用して、S&P 500 シリーズの現在の金融データを取得します。

series = 'SP500';
d = fetch(c,series)
d = 

                 Title: ' S&P 500'
              SeriesID: ' SP500'
                Source: ' S&P Dow Jones Indices LLC'
               Release: ' Standard & Poors (Not a Press Release)'
    SeasonalAdjustment: ' Not Seasonally Adjusted'
             Frequency: ' Daily'
                 Units: ' Index'
             DateRange: ' 2006-08-22 to 2016-08-22'
           LastUpdated: ' 2016-08-22 7:44 PM CDT'
                 Notes: ' The S&P 500 is regarded as a gauge of the large cap U.S. equities market. The index includes 500 leading companies in leading industries of the U.S. …'
                  Data: [2610x2 double]

d にはシリーズの記述が含まれています。

日付と外国為替レートの数値表現を表示します。

d.Data(1:5,1:2)
ans =

   1.0e+05 *

    7.3291    0.0130
    7.3291    0.0129
    7.3291    0.0130
    7.3291    0.0130
    7.3292    0.0130

FRED 接続を閉じる

close(c);

ThingSpeak へのデータの送信

関数 thingSpeakWrite を使用して、最新の価格データを ThingSpeak™ チャネルに送信します。

% Change the Channel ID and the 'WriteKey' to send data to your channel
thingSpeakWrite(<channelID>,d.Last(end, 2),'WriteKey','<write API key>');

参考

関数