Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MQTT API

MQTT API を使用した ThingSpeak™ チャネルの更新

ThingSpeak IoT プラットフォームでは、メッセージを ThingSpeak の MQTT ブローカーにパブリッシュすることで、クライアントはチャネル フィードを更新できます。MQTT は、TCP/IP ソケットまたは WebSocket を使用するパブリッシュ/サブスクライブ通信プロトコルです。WebSockets 上の MQTT は、SSL によってセキュリティで保護できます。クライアント デバイスは MQTT ブローカーに接続し、チャネルへパブリッシュしたり、そのチャネルから更新をサブスクライブしたりできます。

MQTT API の使用を開始するには、MQTT の基礎を参照してください。特定のライブラリに関するクライアントの構成情報については、MQTT ライブラリの構成を参照してください。

パブリッシュ

Publish to a Channel Feed複数のチャネル フィールドを同時に更新するメッセージのパブリッシュ
Publish to a Channel Field Feed1 つのチャネル フィールドを更新するメッセージのパブリッシュ

サブスクライブ

Subscribe to a Channel Feedチャネル フィードの更新のサブスクライブ
Subscribe to a Channel Field Feedチャネルの特定フィールドにおけるチャネル更新のサブスクライブ

トピック

MQTT の基礎

帯域幅と電力の制限されたデバイスをワイヤレス ネットワーク経由で接続するためのパブリッシュ/サブスクライブ アーキテクチャについて学習する。

REST API と MQTT API の選択

どんな時に REST と MQTT を使用してチャネルを更新するのかを学習する。

デスクトップ MQTT クライアントを使用したチャネルへのパブリッシュ

MQTT.fx などのデスクトップ MQTT クライアントを使用してチャネルへパブリッシュする。

Arduino クライアントを使用したチャネルへのパブリッシュ

Arduino® デバイスを使用して ThingSpeak チャネルにデータをパブリッシュする。

Particle Photon クライアントを使用したパブリッシュ

データを ThingSpeak チャネルに Particle Photon デバイスを使用してパブリッシュする。

Raspberry Pi 上の Python で WebSocket を使用したパブリッシュ

WebSocket を使用してデータを ThingSpeak チャネルにパブリッシュする。

デスクトップ MQTT クライアントを使用したチャネル更新のサブスクライブ

デスクトップ MQTT を使用して、ThingSpeak チャネルのチャネル更新をサブスクライブする。

Particle Photon クライアントを使用したチャネル更新のサブスクライブ

Particle Photon デバイスを使用して ThingSpeak チャネルをサブスクライブする。

トラブルシューティング

MQTT パブリッシュのトラブルシューティング

ThingSpeak へパブリッシュする際の一般的な間違いや問題の解決

MQTT サブスクライブのトラブルシューティング

ThingSpeak をサブスクライブする際の一般的な間違いや問題の解決