ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

System object の作成

新しい System object™ を作成および定義する MATLAB® クラスを記述する

実装メソッドをカスタマイズすることにより、独自の System object を定義できます。System object 作成用の包括的な API の調査には、グラフィカル ツールを使用します。たとえば、メソッドを挿入して System object を初期化、実行、リセットおよび終了することができます。System object の定義の紹介については、基本的な System object の定義を参照してください。

メソッド

すべて展開する

setupImplSystem object の初期化
stepImplシステム出力と状態更新の式
resetImplSystem object の状態のリセット
releaseImplリソースの解放
infoImplSystem object に関する情報
isDoneImplデータ終了フラグ
isInactivePropertyImpl非アクティブなプロパティのステータス
isTunablePropertyDataTypeMutableImpl調整可能なプロパティがデータ型を変更できるかどうかの設定
isDiscreteStateSpecificationMutableImpl離散状態がデータ型を変更できるかどうかの制御
processTunedPropertiesImpl調整可能なプロパティが変更された場合のアクション
setPropertiesSystem object の作成時に名前と値のペアを使用したプロパティ値を設定
validatePropertiesImplSystem object のプロパティ値の検証
getPropertyGroupsImplSystem object 表示のプロパティ グループ
getNumInputsImplSystem object への入力数
getNumOutputsImplSystem object からの出力数
getNumInputsSystem object を呼び出すために必要な入力数
getNumOutputsSystem object の呼び出しによる出力数
isInputComplexityMutableImplSystem object の入力の実数/複素数が変更できるかどうかの設定
isInputDataTypeMutableImplSystem object の入力データ型が変更できるかどうかの設定
isInputSizeMutableImplSystem object の入力サイズが変更できるかどうかの設定
narginSystem object の入力引数の数
nargoutSystem object の出力引数の数。
processInputSpecificationChangeImpl入力サイズ、実数/複素数、またはデータ型が変更されたときのアクションの実行
validateInputsImplSystem object への入力の検証
loadObjectImplMAT ファイルからの System object の読み込み
saveObjectImplMAT ファイルへの System object の保存

クラス

matlab.SystemSystem object の基底クラス
matlab.system.mixin.FiniteSource有限ソース mixin クラス

トピック

入出力

入力数の変更

この例では、getNumInputsImpl を使用した場合と使用しない場合の System object™ に対する入力数の設定方法を示します。

複合 System object の定義

他の System object をプロパティとして含む System object を定義する。

入力仕様の変更の取り扱い

System object 入力の実数/複素数、データ型、またはサイズが可変になるタイミングを制限するメソッドを実装する。または入力仕様が変更されたときに反応するメソッドを実装する。