Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isInputSizeMutableImpl

クラス: matlab.System

System object の入力サイズが変更できるかどうかの設定

構文

mutable = isInputSizeMutableImpl(obj,index)

説明

mutable = isInputSizeMutableImpl(obj,index) は、オブジェクトの使用中に、オブジェクトへの index 番目の入力のサイズを変更できるかどうかを返します。

メソッドのオーサリングのヒント

このメソッドでは Access = protected と設定しなければなりません。

入力引数

すべて展開する

オブジェクト固有のプロパティ、状態、およびメソッドへのアクセスに使用される System object ハンドル。isInputSizeMutableImpl メソッドがこのオブジェクトを使用しない場合、この入力を ~ に置き換えることができます。

この引数は、stepImpl のどの入力についてサイズの変更可能性をチェックするかを指定します。このインデックス番号は、stepImpl のシグネチャにおいて入力の何番目の位置かを表します。

出力引数

すべて展開する

このメソッドを実装しない場合、StrictDefaults クラス属性が設定されていない限り、入力のサイズは変更できます。このメソッドを実装する場合、true を返すことは入力のサイズを変更できることを意味し、false は変更できないことを意味します。

すべて展開する

isInputSizeMutableImpl メソッドを追加して false を返すことによって、すべての入力のサイズを制限します。このメソッドを追加することにより、System object のユーザーが、System object の使用中に入力のサイズを変更できなくなります。

function flag = isInputSizeMutableImpl(obj,~)
    flag = false;
end

使用されない変数に関する警告を回避するため、この例では 2 番目の入力引数として ~ を使用します。引数の代わりとしての ~ の使用の詳細については、メソッド定義での入力定義としての ~ の使用を参照してください。

この例では、isInputSizeMutableImpl メソッドを記述して、最初の入力のみを制限する方法を説明します。isInputSizeMutableImpl は、最初の入力以外のすべての入力について true を返します。

methods (Access = protected)
    function flag = isInputSizeMutableImpl(obj,index)
        flag = (index ~= 1);
    end
end
R2018a で導入