Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.System クラス

System object の基底クラス

説明

matlab.System は System object の基底クラスです。クラス定義ファイルでは、この基底クラス (またはこの基底クラスから派生する別のクラス) から、オブジェクトをサブクラス化しなければなりません。サブクラス化により、この基底クラスで提供されている実装メソッドおよびサービス メソッドを使用してオブジェクトを作成できるようになります。matlab.System 基底クラスから直接継承するには、クラス定義ファイルの最初の行で次の構文を入力します。ここで、ObjectName は構成するオブジェクト名です。

classdef ObjectName < matlab.System

メモ

コードで使用する各 matlab.System メソッドに対し、Access = protected と設定しなければなりません。

matlab.System クラスは handle クラスです。

クラスの属性

抽象型
true
HandleCompatible
true
StrictDefaults
false

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

メソッド

すべて展開する

すべて折りたたむ

この例では、AddOne という基本的な System object を作成する方法を示します。

MATLAB で、[新規作成]、[System object]、[標準] を選択します。新しい System object の既定の構文とコメントを含む、新しいエディター ウィンドウが開きます。

クラス AddOne の名前を変更します。既定のテンプレートを変更して、クラスを次のようにします。

classdef AddOne < matlab.System
% ADDONE Compute an output value that increments the input by one

    methods (Access = protected)
       % Implement algorithm. Calculate y as a function of input x.
       function y = stepImpl(~,x)
          y = x + 1;
       end    
    end
end

AddOne のインスタンスを作成し、入力を指定してオブジェクトを実行することで、このオブジェクトを使用します。

addingObject = AddOne;
x = 5;
addingObject(x)
ans = 6

詳細

すべて展開する

R2011b で導入