Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

loadObjectImpl

クラス: matlab.System

MAT ファイルからの System object の読み込み

構文

loadObjectImpl(obj,s,wasInUse)

説明

loadObjectImpl(obj,s,wasInUse) は、保存済みの System object™ を構造体、s または MAT ファイルから読み込むコードを実装します。保存時にオブジェクトが使用中であった場合、wasInUse 入力は使用中の状態を示します。保存されているすべてのプロパティとデータを確実に読み込むには、loadObjectImpl メソッドが saveObjectImpl メソッドに対応している必要があります。

実行時の詳細

load を使用すると、loadObjectImpl を呼び出して保存済みの System object をワークスペースに読み込むことができます。

メソッドのオーサリングのヒント

このメソッドでは Access = protected と設定しなければなりません。

入力引数

すべて展開する

オブジェクト固有のプロパティ、状態、およびメソッドへのアクセスに使用される System object ハンドル。loadObjectImpl メソッドがこのオブジェクトを使用しない場合、この入力を ~ に置き換えることができます。

保存済みのデータ。saveObjectImpl から返されます。

保存時にオブジェクトが使用中であった場合、wasInUsetrue になります。

すべて展開する

保存されている System object を読み込みます。この例では、オブジェクトに以下が含まれています。

  • 子オブジェクト

  • 保護されたプロパティとプライベート プロパティ

  • 離散状態

また、オブジェクトが使用中の場合に状態を読み込みます。その後、loadObjectImpl メソッドを呼び出します。

methods (Access = protected)
  function loadObjectImpl(obj,s,wasInUse)
    obj.child = matlab.System.loadObject(s.child);
    
    obj.protectedprop = s.protectedprop;
    obj.pdependentprop = s.pdependentprop;
    
    if wasInUse
      obj.state = s.state;
    end
    
    loadObjectImpl@matlab.System(obj,s,wasInUse);
  end    
end
R2012b で導入