Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

saveObjectImpl

クラス: matlab.System

MAT ファイルへの System object の保存

構文

s = saveObjectImpl(obj)

説明

s = saveObjectImpl(obj) は、構造体または MAT ファイルに保存される System object™ のプロパティ値および状態値を指定します。

System object クラスに saveObjectImpl メソッドを定義しない場合、パブリック プロパティと DiscreteState 属性をもつプロパティのみが保存されます。プライベート プロパティ、保護されたプロパティまたは状態情報を保存するには、クラス定義ファイル内で saveObjectImpl を定義しなければなりません。

保存されているすべてのプロパティとデータを確実に読み込むには、loadObjectImpl メソッドが saveObjectImpl メソッドに対応している必要があります。

実行時の詳細

savesaveObject を呼び出し、それが次に saveObjectImpl を呼び出します。生成コード内の System object を保存するには、オブジェクトをロック解除の状態にしなければなりません。また、子オブジェクトを含めることも、子オブジェクトになることもできません。

load を使用すると、loadObjectImpl を呼び出して保存済みの System object をワークスペースに読み込むことができます。

メソッドのオーサリングのヒント

  • このメソッドでは Access = protected と設定しなければなりません。

  • オブジェクトの状態は、そのオブジェクトが使用中である場合にのみ保存されます。保存されたオブジェクトは読み込まれる際、その使用中の状態で読み込まれます。

  • 子オブジェクトの情報を保存するには、関連する saveObject メソッドを saveObjectImpl メソッド内で使用します。

入力引数

すべて展開する

オブジェクト固有のプロパティ、状態、およびメソッドへのアクセスに使用される System object ハンドル。saveObjectImpl メソッドがこのオブジェクトを使用しない場合、この入力を ~ に置き換えることができます。

出力引数

すべて展開する

読み込む保存済みのデータ。

すべて展開する

System object の保存する項目を定義します。基底クラス バージョンの saveObjectImpl を呼び出してパブリック プロパティを保存します。次に、子の System object、保護されたプロパティおよびプライベート プロパティを保存します。最後に、オブジェクトが使用中である場合はその状態を保存します。

methods (Access = protected)
  function s = saveObjectImpl(obj)      
    s = saveObjectImpl@matlab.System(obj);
    s.child = matlab.System.saveObject(obj.child);
    s.protectedprop = obj.protectedprop;
    s.pdependentprop = obj.pdependentprop;
    if isLocked(obj)
      s.state = obj.state;
    end
  end
end
R2012b で導入