Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

releaseImpl

クラス: matlab.System

構文

releaseImpl(obj)

説明

releaseImpl(obj) は、ファイル ハンドル、デバイスなど System object™ で使用されたすべてのリソースを解放します。またこのメソッドは、必要なクリーンアップ作業も実行します。System object のリソースを解放するには、デストラクターではなく releaseImpl を使用しなければなりません。

実行時の詳細

releaseImplrelease メソッドによって呼び出されます。また releaseImpl は、オブジェクトがメモリから削除されるかクリアされた場合、またはオブジェクトへのすべての参照がスコープ外になった場合にも呼び出されます。詳細については、詳細な呼び出しシーケンスを参照してください。

メソッドのオーサリングのヒント

このメソッドでは Access = protected と設定しなければなりません。

入力引数

すべて展開する

オブジェクト固有のプロパティ、状態、およびメソッドへのアクセスに使用される System object ハンドル。releaseImpl メソッドがこのオブジェクトを使用しない場合、この入力を ~ に置き換えることができます。

すべて展開する

System object で開いたファイルを releaseImpl メソッドを使用して閉じます。

methods (Access = protected)
   function releaseImpl(obj)
     fclose(obj.pFileID);
   end
end
R2011b で導入