最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

詳細な呼び出しシーケンス

この呼び出しシーケンス図は、指定したメソッドを実行するときに内部メソッドが呼び出される順序を示します。System object™ が指定のメソッドを上書きしない場合、そのメソッドの既定の実装が使用されます。

メソッド呼び出しのより抽象的な概観については、呼び出しシーケンスの概要を参照してください。

setup の呼び出しシーケンス

System object をはじめて呼び出すと、1 回限りの設定タスクを実行する setup が呼び出されます。次のメソッド シーケンスが呼び出されます。

オブジェクトまたは step の呼び出しシーケンスの実行

オブジェクトを関数として呼び出すか、step を呼び出すことによって System object を MATLAB® 内で実行する場合、次のメソッド シーケンスが呼び出されます。

  1. System object が使用中でない (オブジェクトの作成直後であるか解放されている) 場合

    そうでなければ、オブジェクトが使用中である (オブジェクトが呼び出された後 release が呼び出されていない) 場合

    1. 調整可能なプロパティが変更された場合

    2. 入力のサイズ、データ型、または実数/複素数が変更された場合

reset の呼び出しシーケンス

reset が呼び出されると、以下のアクションが実行されます。

  1. オブジェクトが使用中である (オブジェクトが呼び出されているが、解放されていない) 場合、resetImpl を呼び出す

release の呼び出しシーケンス

release が呼び出されると、以下のアクションが実行されます。

  1. オブジェクトが使用中である (オブジェクトが呼び出されているが、解放されていない) 場合、releaseImpl を呼び出す

参考

| | |

関連するトピック