Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isTunablePropertyDataTypeMutableImpl

クラス: matlab.System

調整可能なプロパティがデータ型を変更できるかどうかの設定

構文

mutable = isTunablePropertyDataTypeMutableImpl(obj)

説明

mutable = isTunablePropertyDataTypeMutableImpl(obj) は、オブジェクトが使用中のときに、調整可能なプロパティがデータ型を変更できるかどうかを返します。

メソッドのオーサリングのヒント

このメソッドでは Access = protected と設定しなければなりません。

入力引数

すべて展開する

オブジェクト固有のプロパティ、状態、およびメソッドへのアクセスに使用される System object ハンドル。isTunablePropertyDataTypeMutableImpl メソッドがこのオブジェクトを使用しない場合、この入力を ~ に置き換えることができます。

出力引数

すべて展開する

このメソッドを実装しない場合、StrictDefaults クラス属性が設定されていない限り、調整可能なプロパティはデータ型を変更できます。このメソッドを実装する場合、true を返すことは、調整可能なプロパティのデータ型が変更できることを意味し、false は変更できないことを意味します。

すべて展開する

isTunablePropertyDataTypeMutableImpl メソッドを追加して false を返すことによって、調整可能なプロパティのデータ型を制限します。このメソッドを追加することで、System object のユーザーは、System object の使用中は調整可能なプロパティのデータ型を変更できなくなります。

function flag = isTunablePropertyDataTypeMutableImpl(obj)
    flag = false;
end
R2018a で導入