Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

processTunedPropertiesImpl

クラス: matlab.System

調整可能なプロパティが変更された場合のアクション

構文

processTunedPropertiesImpl(obj)

説明

processTunedPropertiesImpl(obj) は、1 つ以上の調整可能なプロパティの値が変更された場合に実行するアルゴリズムを指定します。このメソッドは、調整可能なプロパティの値の変更後、次の System object™ 呼び出しの一部として呼び出されます。プロパティは、その Nontunable 属性が既定の false の場合にのみ調整可能です。

実行時の詳細

processTunedPropertiesImpl は、System object を実行したときに呼び出されます。

MATLAB® では、System object の実行前に複数の調整可能なプロパティが変更された場合、processTunedPropertiesImpl がすべての変更に対して 1 回のみ呼び出されます。isChangedProperty は変更されたすべてのプロパティに対して true を返します。

Simulink® では、MATLAB System (Simulink) ブロック ダイアログでパラメーターが変更されると、次のシミュレーション ステップが stepImpl を呼び出す前に processTunedPropertiesImpl を呼び出します。調整可能なパラメーターはすべて変更されたと見なされ、processTunedPropertiesImpl メソッドがそれぞれについて呼び出されます。isChangedProperty はすべてのダイアログ プロパティに対して true を返します。

詳細については、詳細な呼び出しシーケンスを参照してください。

メソッドのオーサリングのヒント

  • このメソッドでは Access = protected と設定しなければなりません。

  • このメソッドは、調整可能なプロパティが別のプロパティの値に影響を与える場合に使用します。

  • System object が Simulink の MATLAB System (Simulink) ブロックで使用される場合、調整可能なプロパティをこのメソッドで変更することはできません。

  • stepImpl の前回の呼び出し後にプロパティが変更されたかどうかを確認するには、processTunedPropertiesImpl 内で isChangedProperty を使用します。例については、調整可能なプロパティが変更された場合のアクションの指定を参照してください。

入力引数

すべて展開する

オブジェクト固有のプロパティ、状態、およびメソッドへのアクセスに使用される System object ハンドル。processTunedPropertiesImpl メソッドがこのオブジェクトを使用しない場合、この入力を ~ に置き換えることができます。

すべて展開する

NumNotes プロパティまたは MiddleC プロパティのいずれかの値が変更された場合は、System object の次回の呼び出しの前に processTunedPropertiesImpl を使用してルックアップ テーブルを再計算します。propChange はいずれかのプロパティが変更されたかどうかを示します。

methods (Access = protected)
   function processTunedPropertiesImpl(obj)
      propChange = isChangedProperty(obj,'NumNotes') ||...
         isChangedProperty(obj,'MiddleC')
      if propChange
         obj.pLookupTable = obj.MiddleC * (1+log(1:obj.NumNotes)/log(12));
      end
    end
end
R2013b で導入