最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

stepImpl

クラス: matlab.System

システム出力と状態更新の式

構文

[output,output2,...] = stepImpl(obj,input1,input2,...)

説明

[output,output2,...] = stepImpl(obj,input1,input2,...) は、System object™ の実行時に実行するアルゴリズムを指定します。オブジェクトを実行すると、入力、プロパティおよび状態更新の式を使用して出力を計算し、オブジェクトの状態値を更新します。また、step メソッドの代わりに関数と似た構文を使用してオブジェクトを実行することもできます。たとえば、txfourier = dsp.FFT を使用して FFT オブジェクトを定義すると、txfourier() を使用して簡単に実行できます。

実行時の詳細

stepImpl は、System object を実行するときに step によって呼び出されます。また、System object は、step を呼び出す System object 名によって実行することもできます。詳細については、詳細な呼び出しシーケンスを参照してください。

メソッドのオーサリングのヒント

  • このメソッドでは Access = protected と設定しなければなりません。

  • 入力引数の数および出力引数の数は、それぞれ getNumInputsImpl メソッドおよび getNumOutputsImpl メソッドが返す数以上でなければなりません。

  • releasestepImpl メソッド内で呼び出さないでください。

入力引数

すべて展開する

オブジェクト固有のプロパティ、状態、およびメソッドへのアクセスに使用される System object ハンドル。stepImpl メソッドがこのオブジェクトを使用しない場合、この入力を ~ に置き換えることができます。

System object への入力をリストします。入力のさまざまなバリエーションの例については、入力数の変更を参照してください。

出力引数

すべて展開する

System object から返される出力。出力のさまざまなバリエーションの例については、入力数の変更を参照してください。

すべて展開する

stepImpl メソッドを使用して 2 つの数値をインクリメントします。

methods (Access = protected)
   function [y1,y2] = stepImpl(obj,x1,x2)
      y1 = x1 + 1;
      y2 = x2 + 1;
    end
end

R2011b で導入