最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

アルゴリズムのリセットとリソースの解放

アルゴリズムの状態のリセット

ユーザーが System object に対して reset を呼び出すと、resetImpl 内部メソッドが呼び出されます。この例では、pCountCounter System object™ の内部カウンター プロパティです。ユーザーが reset を呼び出すと pCount が 0 にリセットされます。

classdef Counter < matlab.System
% Counter System object that increments a counter

   properties (Access = private)
      pCount
   end
   
   methods (Access = protected)
      % Increment the counter and return 
      % its value as an output
      function c = stepImpl(obj)
          obj.pCount = obj.pCount + 1;
          c = obj.pCount;
      end

      % Reset the counter to zero.
      function resetImpl(obj)
         obj.pCount = 0;
      end
   end 
end

System object リソースの解放

release が System object に対して呼び出される際、step または setup が以前に呼び出されていた場合は、releaseImpl 内部メソッドが呼び出されます (呼び出しシーケンスの概要を参照)。この例では、System object によって割り当てられ、使用されているリソースを解放するメソッドの実装方法を示します。これらのリソースには、割り当てられたメモリや読み取り/書き込みに使用されるファイルなどがあります。

このメソッドでは、図は開いたままで、Whiteboard Figure ウィンドウの座標軸をクリアできます。

   function releaseImpl(obj)
      cla(Whiteboard.getWhiteboard());
      hold on
   end

Whiteboard System object の完全な定義については、Whiteboard System object の作成を参照してください。

参考

|

関連するトピック