Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

propagatedInputDataType

クラス: matlab.System

Simulink の伝播時の入力のデータ型

構文

dt = propagatedInputDataType(obj,index)

説明

dt = propagatedInputDataType(obj,index) は、System object™ の入力引数のデータ型を返します。index は、どの入力のデータ型を返すかを指定します。

propagatedInputDataTypegetOutputDataTypeImpl 内からのみ使用できます。getOutputDataTypeImpl は次の場合に使用します。

  • System object の入力または出力が複数ある場合

  • 入力のデータ型のステータスによって出力のデータ型が決定される場合

  • 出力のデータ型が入力のデータ型と異なっていなければならない場合

入力引数

すべて展開する

オブジェクト固有のプロパティ、状態、およびメソッドへのアクセスに使用される System object ハンドル。propagatedInputDataType メソッドがこのオブジェクトを使用しない場合、この入力を ~ に置き換えることができます。

指定された入力のインデックス。objindex にカウントされません。最初の入力は常に obj です。

出力引数

すべて展開する

指定された入力のデータ型で、浮動小数点入力の場合は文字ベクトルとして、固定小数点入力の場合は数値型として返されます。

すべて展開する

2 番目の入力のデータ型を取得します。2 番目の入力データ型が double の場合、出力のデータ型は int32 です。それ以外の場合はすべて、出力のデータ型が 2 番目の入力のデータ型と一致します。最初の入力は出力に影響しないと仮定します。

methods (Access = protected)
   function dt = getOutputDataTypeImpl(obj)
       if strcmpi(propagatedInputDataType(obj,2),'double')
           dt = 'int32';
       else
           dt = propagatedInputDataType(obj,2);
       end
   end 
end
R2014a で導入