Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getOutputNamesImpl

クラス: matlab.System

MATLAB System ブロック出力端子の名前

構文

names = getOutputNamesImpl(obj)

説明

names = getOutputNamesImpl(obj) は、MATLAB System (Simulink) ブロックに実装された System object™ である obj からの出力端子の名前を指定します。names のサイズは、getNumOutputs メソッドにより返される出力の数と一致します。出力数に影響を与えるプロパティ値を変更すると、その出力名も変更されます。

クラス情報

このメソッドは matlab.System クラスの一部です。

実行時の詳細

getOutputNamesImplMATLAB System ブロックによって呼び出されます。

メソッドのオーサリングのヒント

このメソッドでは Access = protected と設定しなければなりません。

入力引数

すべて展開する

オブジェクト固有のプロパティ、状態、およびメソッドへのアクセスに使用される System object ハンドル。getOutputNamesImpl メソッドがこのオブジェクトを使用しない場合、この入力を ~ に置き換えることができます。

出力引数

すべて展開する

指定したオブジェクトの出力の名前。長さが出力の数に等しい string 配列として返されます。

MATLAB System ブロックの外観のカスタマイズ (Simulink)

R2013b で導入