Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

NetCDF ファイル

Network Common Data Form (netCDF)

MATLAB® の高水準関数か、または低水準関数の NetCDF ライブラリ パッケージを使用して、NetCDF ファイルの読み取りまたは書き込みを行います。高水準関数では、NetCDF ファイルからのデータ読み取りや、MATLAB ワークスペースから NetCDF ファイルへの変数書き込みの処理が単純化されます。

読み取りと書き込みの処理をより詳細に制御するには、低水準関数を含む NetCDF ライブラリ パッケージを使用します。低水準関数では、NetCDF C ライブラリ内のルーチンへのアクセスにより、読み取りと書き込み処理に対するより詳細な制御が可能になります。

著作権に関する情報は、netcdfcopyright.txt ファイルおよび mexnccopyright.txt ファイルを参照してください。

関数

すべて展開する

nccreateNetCDF ファイルの変数の作成
ncdispコマンド ウィンドウに NetCDF データ ソースの内容を表示する
ncinfo NetCDF データ ソースに関する情報を返す
ncreadNetCDF データ ソース内の変数からデータを読み取る
ncreadatt NetCDF データ ソースから属性値を読み取る
ncwriteNetCDF ファイルにデータを書き込む
ncwriteattNetCDF ファイルへの属性の書き込み
ncwriteschemaNetCDF ファイルへの NetCDF スキーマ定義の追加

ライブラリ関数

netcdf.setChunkCacheNetCDF ライブラリの既定のチャンク キャッシュ設定の実行
netcdf.getChunkCacheNetCDF ライブラリのチャンク キャッシュ設定の取得
netcdf.inqLibVersNetCDF ライブラリのバージョン情報を返します。
netcdf.setDefaultFormat既定の netCDF ファイル形式を変更します。

ファイルの操作

netcdf.abort最新の netCDF ファイル定義を元に戻します。
netcdf.closenetCDF ファイルを閉じます。
netcdf.create新しい NetCDF データセットの作成
netcdf.endDefnetCDF ファイルの定義モードを終了します。
netcdf.inqnetCDF ファイルに関する情報を返します。
netcdf.inqFormatNetCDF ファイルの形式の決定
netcdf.inqGrps子グループ ID の配列の取得
netcdf.inqUnlimDimsグループの無制限の次元のリストの出力
netcdf.openNetCDF データ ソースを開く
netcdf.reDefnetCDF ファイルを定義モードに設定します。
netcdf.setFillnetCDF 埋め込みモードを設定します。
netcdf.syncnetCDF ファイルとディスクの同期を取ります。

次元

netcdf.defDimnetCDF 次元を作成します。
netcdf.inqDimnetCDF 次元の名前と長さを返します。
netcdf.inqDimID次元 ID を返します。
netcdf.renameDimnetCDF 次元名を変更します。

グループ

netcdf.defGrpNetCDF ファイルのグループの作成
netcdf.inqDimIDsグループの次元識別子のリストの取得
netcdf.inqGrpNameグループ名の取得
netcdf.inqGrpNameFullグループの絶対パス名
netcdf.inqGrpParent親グループの ID の取得
netcdf.inqNcid名前付きグループの ID の返還
netcdf.inqVarIDsグループ内のすべての変数の ID

変数

netcdf.defVarFillNetCDF 変数の埋め込みパラメーターの定義
netcdf.inqVarDeflateNetCDF 変数の圧縮設定の決定
netcdf.defVarNetCDF 変数の作成
netcdf.defVarChunkingNetCDF 変数のチャンク動作の定義
netcdf.defVarDeflateNetCDF 変数の圧縮パラメーターの定義
netcdf.defVarFletcher32NetCDF 変数のチェックサム パラメーターの定義
netcdf.getVarNetCDF 変数からのデータの読み取り
netcdf.inqVar変数に関する情報
netcdf.inqVarChunkingNetCDF 変数のチャンク化設定の決定
netcdf.inqVarFillNetCDF 変数の埋め込みパラメーターの値の決定
netcdf.inqVarFletcher32NetCDF 変数での Fletcher32 チェックサム設定
netcdf.inqVarID変数名に関連する ID を返します。
netcdf.putVarnetCDF 変数にデータを書き込みます。
netcdf.renameVarnetCDF 変数名を変更します。

属性

netcdf.copyAtt新規の場所に属性をコピーします。
netcdf.delAttnetCDF 属性を削除します。
netcdf.getAttnetCDF 属性を返します。
netcdf.inqAttnetCDF 属性に関する情報を返します。
netcdf.inqAttIDnetCDF 属性の ID を返します。
netcdf.inqAttNamenetCDF 属性の名前を返します。
netcdf.putAttnetCDF 属性を書き込みます。
netcdf.renameAtt属性名を変更します。

ユーティリティ

netcdf.getConstant名前付きの定数の数値を返します。
netcdf.getConstantNamesnetCDF ライブラリであることがわかっている定数のリストを返します。

トピック

NetCDF ファイルと OPeNDAP データのインポート

高水準関数を使用して NetCDF ファイルからデータを読み取り、次に netcdf パッケージの低水準関数を使用してファイルを読み取ります。

NetCDF ファイルへのエクスポート

高水準関数と netcdf パッケージの低水準関数を使用して、NetCDF ファイルの作成、マージ、および書き込みを行います。

NetCDF API 構文の MATLAB 構文へのマッピング

MATLAB の低水準関数パッケージ netcdf と NetCDF C ライブラリのこれに相当するもの。

トラブルシューティング

OPeNDAP データの読み取りエラーの解決

OPeNDAP データの読み取りで問題が生じた場合は、以下の要素について考慮してください。

関連情報