ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

NetCDF ファイル

Network Common Data Form (netCDF)

高水準関数は、NetCDF ファイルからデータセットを読み込む、または MATLAB® ワークスペースから NetCDF ファイルに変数を書き込むことを容易にします。MATLAB netcdf パッケージの低水準関数は、NetCDF ライブラリにある数十種類の関数へのインターフェイスを提供します。低水準関数を使用するには、NetCDF C インターフェイスに関する知識が必要です。

メモ

高水準関数と低水準関数の両方で、変数名、属性名、および属性値に非 ASCII 文字の使用がサポートされるようになりました。ただし、変数の読み取りおよび書き込みを行う関数の変数値は ASCII エンコードされていなければなりません。詳細については、ncreadncwritenetcdf.getVar、および netcdf.putVar のページを参照してください。

関数

nccreateNetCDF ファイルの変数の作成
ncdispコマンド ウィンドウに NetCDF データ ソースの内容を表示する
ncinfo NetCDF データ ソースに関する情報を返す
ncreadNetCDF データ ソース内の変数からデータを読み取る
ncreadatt NetCDF データ ソースから属性値を読み取る
ncwriteNetCDF ファイルにデータを書き込む
ncwriteattNetCDF ファイルへの属性の書き込み
ncwriteschemaNetCDF ファイルへの NetCDF スキーマ定義の追加

パッケージ

netcdfNetCDF ライブラリの直接操作

トピック

NetCDF ファイルと OPeNDAP データのインポート

Network Common Data Form (NetCDF) は一連のソフトウェア ライブラリとハードウェア非依存型のデータ形式であり、配列指向の科学データの作成、アクセスおよび共有をサポートしています。

NetCDF ファイルへのエクスポート

Network Common Data Form (NetCDF) は一連のソフトウェア ライブラリとハードウェア非依存型のデータ形式であり、配列指向の科学データの作成、アクセスおよび共有をサポートしています。

NetCDF API 構文の MATLAB 構文へのマッピング

MATLAB では、netcdf という名前のパッケージにグループ化されている一連の低水準関数を使用して NetCDF C ライブラリ内のルーチンにアクセスできます。

トラブルシューティング

OPeNDAP データの読み取りエラーの解決

OPeNDAP データの読み取りで問題が生じた場合は、次の点を検討してください。

関連情報