Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

netcdf.setDefaultFormat

既定の netCDF ファイル形式を変更します。

構文

oldFormat = netcdf.setDefaultFormat(newFormat)

説明

oldFormat = netcdf.setDefaultFormat(newFormat) は、新しい netCDF ファイルが作成されると、関数 netCDF.create によって使用される既定の形式を変更して古い形式の値を返します。この関数を使用すると、関数 netCDF.create への各呼び出しで使用される作成モード フラグを変更せずに netCDF ファイルで使用されている形式を変更できます。この設定は、残りの MATLAB® セッションの間、または clear mex コマンドの発行時まで維持されます。

newFormat は、次のいずれかの値にできます。

説明
'NC_FORMAT_CLASSIC'クラシック形式 — 元の NetCDF 形式で、1989 から 2004 までの間に作成されたすべての NetCDF ファイルによって使用されます。
'NC_FORMAT_64BIT'

クラシック形式、64 ビット — 64 ビットのアドレス機能をもつ元の形式で、より大きなファイルの作成およびアクセスが可能です。

'NC_FORMAT_NETCDF4'強化モデル、HDF5 ベース — 2008 NetCDF Version 4 に導入され、クラシック モデルを拡張し、HDF5 に基づいています。
'NC_FORMAT_NETCDF4_CLASSIC'クラシック モデル、HDF5 ベース — 2008 NetCDF Version 4 に導入され、クラシック モデルを実装し、HDF5 に基づいています。

関数 netcdf.getConstant で取り出すのと同様に、これらの値に相当する数値を指定することもできます。

この関数は、NetCDF ライブラリ C API の関数 nc_set_default_format に相当します。この関数を使用するには、NetCDF プログラミング パラダイムに関する知識が必要です。

oldFormat = netcdf.setDefaultFormat('NC_FORMAT_64BIT');