Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

netcdf.create

新しい NetCDF データセットの作成

構文

ncid = netcdf.create(filename,cmode)
[chunksize_out,ncid] = netcdf.create(filename,cmode,initsz,chunksize)

説明

ncid = netcdf.create(filename,cmode) は、ファイル作成モードに従い、新規 NetCDF ファイルを作成します。戻り値 ncid はファイル ID です。cmode パラメーターは、ファイル アクセスの種類を決定します。cmode は次の値のいずれかとして指定します。

cmode の値説明
'NOCLOBBER'同じ名前をもつ既存ファイルが上書きされないようにします。
'CLOBBER'同じ名前をもつ既存のファイルを上書きします。
'SHARE'ファイル更新の同期を可能にします。
'64BIT_OFFSET'2 ギガバイト以上のファイルと変数を作成しやすくします。
'NETCDF4'NetCDF-4/HDF5 ファイルの作成
'CLASSIC_MODEL'クラシック モデルを適用しますが、ビット単位で使用するか、NETCDF4 で使用しなければ効果はありません。

メモ

モードは、関数 netcdf.getConstant を使用して取り出される数値形式で指定できます。複数のモードを指定するには、モードの数値のビット単位の OR を使用します。

[chunksize_out,ncid] = netcdf.create(filename,cmode,initsz,chunksize) は、追加の調整パラメーターを使用して、新しい NetCDF ファイルを作成します。initsz はファイルの初期サイズを設定します。chunksize は I/O のパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。実際の値は、入力値に対応しない NetCDF ライブラリで選択されます。

この関数は、NetCDF ライブラリ C API の関数 nc_create および関数 nc__create に相当します。この関数を使用するには、NetCDF プログラミング パラダイムに関する知識が必要です。

すべて折りたたむ

同じ名前のファイルが現在のディレクトリに存在しない場合に限り、foo.nc という名前の NetCDF データセットを作成します。この例を実行するには、現在のディレクトリへの書き込み権限が必要です。

ncid = netcdf.create('foo.nc','NOCLOBBER')
ncid = 65536

netcdf.create はファイル識別子を返します。

ファイルを閉じます。

netcdf.close(ncid)

NetCDF ライブラリで定義された NETCDF4 定数および CLASSIC_MODEL 定数に対応する数値を取得します。複数の作成モードを指定するには、数値のビット単位の OR を使用します。

cmode = netcdf.getConstant('NETCDF4');
cmode = bitor(cmode,netcdf.getConstant('CLASSIC_MODEL'));

作成モードの値に cmode を指定して、クラシック モデルを使用する NetCDF-4 ファイルを作成します。

ncid = netcdf.create('myfile.nc',cmode);

ファイルを閉じます。

netcdf.close(ncid);