Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ncdisp

コマンド ウィンドウに NetCDF データ ソースの内容を表示する

説明

ncdisp(source) は、すべてのグループ、次元、変数定義および NetCDF データ ソース source 内のすべての属性を、コマンド ウィンドウにテキストとして表示します。

ncdisp(source,location) は、location で指定された変数またはグループに関する情報を表示します。

ncdisp(source,location,dispFormat) は、dispFormat で指定した表示形式で NetCDF データ ソースの内容を表示します。

すべて折りたたむ

サンプルの NetCDF ファイル example.nc の内容を表示します。

ncdisp('example.nc')
Source:
           matlabroot\toolbox\matlab\demos\example.nc
Format:
           netcdf4
Global Attributes:
           creation_date = '29-Mar-2010'
Dimensions:
           x = 50
           y = 50
           z = 5
Variables:
    avagadros_number
           Size:       1x1
           Dimensions: 
           Datatype:   double
           Attributes:
                       description = 'this variable has no dimensions'
    temperature     
           Size:       50x1
           Dimensions: x
           Datatype:   int16
           Attributes:
                       scale_factor = 1.8
                       add_offset   = 32
                       units        = 'degrees_fahrenheight'
    peaks           
           Size:       50x50
           Dimensions: x,y
           Datatype:   int16
           Attributes:
                       description = 'z = peaks(50);'
Groups:
    /grid1/
        Attributes:
                   description = 'This is a group attribute.'
        Dimensions:
                   x    = 360
                   y    = 180
                   time = 0     (UNLIMITED)
        Variables:
            temp
                   Size:       []
                   Dimensions: x,y,time
                   Datatype:   int16
    
    /grid2/
        Attributes:
                   description = 'This is another group attribute.'
        Dimensions:
                   x    = 360
                   y    = 180
                   time = 0     (UNLIMITED)
        Variables:
            temp
                   Size:       []
                   Dimensions: x,y,time
                   Datatype:   int16

MATLAB® は、example.nc のすべてのグループ、次元および変数定義を表示します。

ファイル example.nc の変数 peaks の内容を表示します。

ncdisp('example.nc','peaks')
Source:
           matlabroot\toolbox\matlab\demos\example.nc
Format:
           netcdf4
Dimensions:
           x = 50
           y = 50
Variables:
    peaks
           Size:       50x50
           Dimensions: x,y
           Datatype:   int16
           Attributes:
                       description = 'z = peaks(50);'

サンプル ファイル example.nc のグループ階層および変数定義のみを表示します。

ncdisp('example.nc','/','min')
Source:
           matlabroot\toolbox\matlab\demos\example.nc
Format:
           netcdf4
Variables:
    avagadros_number
           Size:       1x1
           Dimensions: 
           Datatype:   double
    temperature     
           Size:       50x1
           Dimensions: x
           Datatype:   int16
    peaks           
           Size:       50x50
           Dimensions: x,y
           Datatype:   int16
Groups:
    /grid1/
        Variables:
            temp
                   Size:       []
                   Dimensions: x,y,time
                   Datatype:   int16
    
    /grid2/
        Variables:
            temp
                   Size:       []
                   Dimensions: x,y,time
                   Datatype:   int16

入力引数

すべて折りたたむ

NetCDF ファイルの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。source はまた、NetCDF ファイルに解決される OPeNDAP NetCDF データ ソースの URL または NetCDF ファイルの変数にすることもできます。

例: 'myNetCDFfile.nc'

データ型: char | string

NetCDF ファイル内の変数またはグループの場所。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。文字列として指定します。ファイルの内容全体を表示するには、location'/' (スラッシュ) に設定します。

データ型: char | string

表示形式。次の値のいずれかとして指定します。

'full'グループ階層を属性、変数定義、および次元とともに表示します。
'min'グループ階層および変数定義を表示します。

データ型: char | string

ヒント

  • source が制約式をもつ OPeNDAP URL の場合、他の入力引数を使用しないで構文 ncdisp(source) を使用します。

R2011a で導入