Main Content

ncreadatt

NetCDF データ ソースから属性値を読み取る

構文

attvalue = ncreadatt(source,location,attname)

説明

attvalue = ncreadatt(source,location,attname) は、source 内の location によって指定されたグループまたは変数から属性 attname を読み取ります。ここで、source は NetCDF ファイルの名前、NetCDF データ ソースの URL、またはリモート NetCDF ファイルの HTTP URL (バイト範囲読み取り用の #mode=bytes 接尾辞を含む) となります。

入力引数

source

NetCDF ファイルの名前、OPeNDAP NetCDF データ ソースの URL、またはバイト範囲読み取り用のリモート NetCDF ファイルの HTTP URL を指定する、文字ベクトルまたは string スカラー。リモート データセットのバイト範囲読み取りを有効にするには、HTTP URL の末尾に #mode=bytes を追加します。バイト範囲読み取りの詳細については、NetCDF のドキュメンテーションを参照してください。

例: "myNetCDFfile.nc"

location

NetCDF データ ソース内のグループまたは変数を指定する文字ベクトルまたは string スカラー。グローバル属性を読み取るには、location'/' (スラッシュ) に設定します。

attname

NetCDF データ ソース内で読み取る属性の名前を指定する文字ベクトルまたは string スカラー。

出力引数

attvalue

属性に関連付けられているデータ。

すべて折りたたむ

creation_date = ncreadatt('example.nc','/','creation_date')
creation_date = 
'29-Mar-2010'

変数に関連付けられている属性を読み取ります。

scale_factor = ncreadatt('example.nc','temperature','scale_factor')
scale_factor = 1.8000

グループに関連付けられている属性を読み取ります。この例は NetCDF-4 形式のファイルのみに適用されます。

desc_value = ncreadatt('example.nc','/grid2','description')
desc_value = 
'This is another group attribute.'

制限

  • バイト範囲読み取りのパフォーマンスは、他のソースからの読み取りよりも遅くなります。

バージョン履歴

R2011a で導入