Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ncreadatt

NetCDF データ ソースから属性値を読み取る

構文

attvalue = ncreadatt(source,location,attname)

説明

attvalue = ncreadatt(source,location,attname)source 内の location によって指定されたグループまたは変数から属性 attname を読み取ります。ここで、ソースは NetCDF ファイルの名前または NetCDF データ ソースの URL です。

入力引数

source

NetCDF ファイルの名前または OPeNDAP NetCDF データ ソースの URL を指定する文字ベクトルまたは string スカラー。

location

NetCDF データ ソース内のグループまたは変数を指定する文字ベクトルまたは string スカラー。グローバル属性を読み取るには、location'/' (スラッシュ) に設定します。

attname

NetCDF データ ソース内で読み取る属性の名前を指定する文字ベクトルまたは string スカラー。

出力引数

attvalue

属性に関連付けられているデータ。

すべて折りたたむ

creation_date = ncreadatt('example.nc','/','creation_date')
creation_date = 
'29-Mar-2010'

変数に関連付けられている属性を読み取ります。

scale_factor = ncreadatt('example.nc','temperature','scale_factor')
scale_factor = 1.8000

グループに関連付けられている属性を読み取ります。この例は netcdf4 形式のファイルのみに適用されます。

desc_value = ncreadatt('example.nc','/grid2','description')
desc_value = 
'This is another group attribute.'
R2011a で導入