Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

netcdf.delAtt

netCDF 属性を削除します。

構文

netcdf.delAtt(ncid,varid,attName)

説明

netcdf.delAtt(ncid,varid,attName) は、attName によって識別される属性を削除します。attName は文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

ncid は、関数 netcdf.create または関数 netcdf.open によって返される netCDF ファイル識別子です。

varid は、変数を識別する数値です。グローバル属性を削除するには、varid に対して netcdf.getConstant('GLOBAL') を使用します。属性を削除するには定義モードにしなければなりません。

この関数は、NetCDF ライブラリ C API の関数 nc_del_att に相当します。この関数を使用するには、NetCDF プログラミング パラダイムに関する知識が必要です。

この例では、MATLAB® に含まれている netCDF サンプル ファイル example.nc のローカル コピーを開きます。

% Open a netCDF file.
ncid = netcdf.open('my_example.nc','NC_WRITE')

% Determine number of global attributes in file.
[numdims numvars numatts unlimdimID] = netcdf.inq(ncid);

numatts =

   1

% Get name of attribute; it is needed for deletion.
attname = netcdf.inqAttName(ncid,netcdf.getConstant('NC_GLOBAL'),0)

% Put file in define mode to delete an attribute.
netcdf.reDef(ncid); 

% Delete the global attribute in the netCDF file.
netcdf.delAtt(ncid,netcdf.getConstant('GLOBAL'),attname);

% Verify that the global attribute was deleted.
[numdims numvars numatts unlimdimID] = netcdf.inq(ncid);

numatts =
   
   0