Main Content

nccreate

netCDF ファイルの変数の作成

説明

nccreate(filename,varname) は、filename で指定された netCDF ファイルに double 型のスカラー変数 varname を作成します。filename が存在しない場合、nccreatenetcdf4_classic 形式を使用してファイルを作成します。

nccreate(filename,varname,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値の引数で指定された追加オプションを使って変数を作成します。たとえば、非スカラー変数を作成するには、名前と値の引数 Dimensions を使用します。

すべて折りたたむ

Var1 という変数を含む、myexample.nc という名前の netCDF ファイルを作成します。

nccreate('myexample.nc','Var1')

同じファイルに 2 番目の変数を作成します。

nccreate('myexample.nc','Var2')

netCDF ファイルの内容を表示します。

ncdisp('myexample.nc')
Source:
           pwd\myexample.nc
Format:
           netcdf4_classic
Variables:
    Var1
           Size:       1x1
           Dimensions: 
           Datatype:   double
    Var2
           Size:       1x1
           Dimensions: 
           Datatype:   double

peaks という名前の新しい 2 次元の変数を、クラシック (netCDF-3) 形式の myncclassic.nc というファイル内に作成します。名前と値の引数 "Dimensions" を使用して、各次元の名前と長さを指定します。名前と値の引数 "Format" を使用して、ファイル形式を指定します。

nccreate("myncclassic.nc","peaks",...
"Dimensions",{"r",300,"c",400},"Format","classic");

変数にデータを書き込みます。

ncwrite("myncclassic.nc","peaks",peaks(100));

netCDF ファイルの内容を表示します。

ncdisp("myncclassic.nc");
Source:
           pwd\myncclassic.nc
Format:
           classic
Dimensions:
           r = 300
           c = 400
Variables:
    peaks
           Size:       300x400
           Dimensions: r,c
           Datatype:   double

入力引数

すべて折りたたむ

ファイル名。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。既存の netCDF ファイルの名前か、新規 netCDF ファイルに割り当てる名前にします。

例: 'myFile.nc'

新しい変数の名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

例: 'myVar'

名前と値の引数

引数のオプションのペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで Name は引数名で、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後になければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前では、コンマを使用してそれぞれの名前と値を区切り、Name を引用符で囲みます。

例: nccreate('myFile.nc','Var1','Datatype','double','Format','classic') は、myFile.nc という名前の netCDF-3 ファイルに Var1 という名前の NC_DOUBLE 型の変数を作成します。

新規変数の次元。'Dimensions' と cell 配列で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。cell 配列には、次元名に数値長が続く文字ベクトルまたは string スカラーが {dname1,dlength1,dname2,dlength2, ...} の形式で一覧表示されます。入力 dname1 は最初の次元の名前を文字ベクトルまたは string スカラーとして指定したもので、dlength1 は最初の次元の長さ、dname2 は 2 番目の次元の名前を示し、以降同様に繰り返されます。次元が存在する場合、その長さを任意に指定できます。1 次元の変数は常に列ベクトルとして扱われます。

制限のない次元を指定するには、Inf を使用します。netcdf4 形式ファイルは、制限のない次元を任意の順序でいくつでももつことができます。他のすべての形式では、制限のない次元は各ファイルに 1 つのみ使用できます。これは cell 配列の最後に指定する必要があります。

nccreate は、変数と同じ場所に次元を作成します。netcdf4 形式ファイルの場合、次元の完全修飾名を使用して次元に異なる場所を指定できます。

例: 'Dimensions',{'dim1',100,'dim2',150,'dim3',Inf}

MATLAB データ型。'Datatype' とデータ型の名前を表す文字ベクトルまたは string スカラーから構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。nccreate が netCDF ファイルに変数を作成するときに、対応する netCDF データ型が使用されます。次の表は 'Datatype' の有効な値と、それに対応して nccreate で作成される netCDF 変数の型を示しています。

Datatype の値NetCDF 変数型
'double'NC_DOUBLE
'single'NC_FLOAT
'int64'NC_INT64 (netCDF-4 ファイルのみ)
'uint64'NC_UINT64 (netCDF-4 ファイルのみ)
'int32'NC_INT
'uint32'NC_UINT (netCDF-4 ファイルのみ)
'int16'NC_SHORT
'uint16'NC_USHORT (netCDF-4 ファイルのみ)
'int8'NC_BYTE
'uint8'NC_UBYTE (netCDF-4 ファイルのみ)
'char'NC_CHAR
'string'NC_STRING (netCDF-4 ファイルのみ)

例: 'Datatype','uint16'

NetCDF ファイル形式。'Format' と次の値のいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

Format の値説明
'classic'netCDF-3
'64bit'netCDF-3 (64 ビットのオフセット付き)
'netcdf4_classic'netCDF 4 クラシック モデル
'netcdf4'netCDF-4 モデル (グループ階層を有効にする場合にこの形式を使用)

varname がグループ ('/grid3/temperature' など) を指定する場合、nccreateFormat の値を 'netcdf4' に設定します。

例: 'Format','classic'

欠損値を置き換える値。'FillValue' とスカラーまたは 'disable' で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。既定値は netCDF ライブラリにより指定されます。置換値を無効にするには、'FillValue','disable' を指定します。NC_STRING 型のデータを netCDF-4 ファイルに書き込む場合、'FillValue' を無効にすることはできません。

この引数は netcdf4 形式または netcdf4_classic 形式にのみ使用可能です。

例: 'FillValue',NaN

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | char

各次元に沿ったチャンク サイズ。'ChunkSize' とベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。最初の要素は行数、2 番目の要素は列数、3 番目の要素は 3 次元目の長さを指定し、以降同様に繰り返されます。既定値は netCDF ライブラリにより指定されます。

この引数は netcdf4 形式または netcdf4_classic 形式にのみ使用可能です。

例: 'ChunkSize',[5 6 9]

データ型: double

圧縮の量。'DeflateLevel' および 09 までのスカラー値で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。0 は圧縮なし、9 は最大圧縮を示します。

この引数は netcdf4 形式または netcdf4_classic 形式にのみ使用可能です。

例: 'DeflateLevel',5

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

シャッフル フィルターのステータス。'Shuffle' および false または true で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。false はシャッフル フィルターを無効にし、true は有効にします。シャッフル フィルターは、データ ストリームのバイト順を変更することにより、整数データの圧縮に役立ちます。

この引数は netcdf4 形式または netcdf4_classic 形式にのみ使用可能です。

例: 'Shuffle',true

データ型: logical

制限

  • NC_STRING 型のデータを netCDF-4 ファイルに書き込む場合、'FillValue' を無効にすることはできません。

バージョン履歴

R2011a で導入

すべて展開する