Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ncwriteschema

NetCDF ファイルへの NetCDF スキーマ定義の追加

構文

ncwriteschema(filename,schema)

説明

ncwriteschema(filename,schema) は、filename で定義された属性、次元、変数定義、およびグループ構造を作成する、あるいはファイル schema に追加します。

既存ファイルのスキーマに基づいて新しい NetCDF ファイルを作成するには、ncwriteschemancinfo と組み合わせて使用します。また、ncwriteschema を使用して、既存ファイルに変数定義、属性、次元、またはグループ構造を追加することもできます。

メモ

ncwriteschema は変数データの書き込みを行いません。作成した変数にデータを書き込むには、ncwrite を使用します。作成された制限のない次元の初期サイズは、データを書き込まない限り 0 のままです。

メモ

ncwriteschema は、既存ファイルの形式を変更できません。また、filename の既存の変数および次元を再定義することもできません。既にファイルに存在する属性、次元、変数定義、またはグループ構造体がスキーマに含まれている場合、writeschema は警告を表示しますが、処理を続行します。

入力引数

filename

NetCDF ファイル名を含む文字ベクトルまたは string スカラー。filename が存在しない場合、schema の [Format] フィールドが別の形式を指定しない限り、ncwriteschemanetcdf4_classic 形式を使用して新規ファイルを作成します。

schema

次元、変数、NetCDF ファイル全体、または netcdf4 グループを表す構造体または構造体の配列。グループまたはファイル スキーマには、次元または変数スキーマ、あるいはその両方を含めることができます。ncinfo が返した出力を schema 構造体として使用できます。次の表に、各種スキーマ構造体のフィールドを示します。オプションのフィールドには、アスタリスク (*) が付いています。

スキーマ タイプ構造体フィールド説明
グループ/ファイル スキーマNameグループ名を識別する文字ベクトルまたは string スカラー。ファイル全体を表示するには、'/' を使用します。
 Dimensions*次元のスキーマ
 Variables*変数のスキーマ
 Attributes*Name フィールドおよび Value フィールドをもつグループ/グローバル属性の構造体配列
 Format*NetCDF ファイル形式を識別する文字ベクトルまたは string スカラー
次元のスキーマName次元を識別する文字ベクトルまたは string スカラー
 Length次元の長さ。Inf を指定できます。
 Unlimited*次元が無制限であるかどうかを示す boolean フラグ
 Format*NetCDF ファイル形式を識別する文字ベクトルまたは string スカラー
変数のスキーマName変数名を識別する文字ベクトルまたは string スカラー
 Dimensions変数の次元スキーマ
 DatatypeMATLAB® データ型を識別する文字ベクトルまたは string スカラー
 Attributes*Name フィールドおよび Value フィールドをもつ変数属性の構造体配列
 ChunkSize*変数のチャンク サイズを指定する数値
 FillValue*テキストまたは数値の埋め込み値
 DeflateValue*deflate 圧縮レベル
 Shuffle* シャッフル フィルターをオンにする boolean フラグ
 Format*NetCDF ファイル形式を識別する文字ベクトルまたは string スカラー

2 つの次元定義を使用して、クラシック形式ファイルを作成します。

mySchema.Name   = '/';
mySchema.Format = 'classic';
mySchema.Dimensions(1).Name   = 'time';
mySchema.Dimensions(1).Length = Inf;
mySchema.Dimensions(2).Name   = 'rows';
mySchema.Dimensions(2).Length = 10;
ncwriteschema('emptyFile.nc', mySchema);
ncdisp('emptyFile.nc');

既存ファイルから単一の変数を保存するには、netcdf4_classic 形式ファイルを作成します。最初に ncinfo を使用して、ファイルからピーク変数のスキーマを取得します。次に ncwriteschema を使用して NetCDF ファイルを作成し、ピーク変数を定義します。ncread を使用して、ピーク変数に関連付けられているデータを取得してから、ncwrite を使用して、新しい NetCDF ファイルの変数にデータを書き込みます。

myVarSchema = ncinfo('example.nc','peaks');
ncwriteschema('peaksFile.nc',myVarSchema);
peaksData   = ncread('example.nc','peaks');
ncwrite('peaksFile.nc','peaks',peaksData);
ncdisp('peaksFile.nc');
R2011a で導入