Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

netcdf.sync

netCDF ファイルとディスクの同期を取ります。

構文

netcdf.sync(ncid)

説明

netcdf.sync(ncid) は、netCDF ファイルの状態とディスクの同期を取ります。通常 netCDF ライブラリでは、関数 netcdf.open または関数 netcdf.create でファイルを開いたときに NC_SHARE モードを指定した場合を除き、基となる netCDF ファイルへのアクセスがバッファーに格納されます。関数 netcdf.sync を呼び出すには、netCDF ファイルをデータ モードにしなければなりません。

この関数は、NetCDF ライブラリ C API の関数 nc_sync に相当します。この関数を使用するには、NetCDF プログラミング パラダイムに関する知識が必要です。

この例では書き込みアクセスについて新しい netCDF ファイルを作成し、そのファイルに対して演算を実行し、ファイルを定義モードから遷移させて、ファイルとディスクの同期を取ります。

% Create a netCDF file.
ncid = netcdf.create('foo.nc','NC_WRITE');

% Perform an operation.
dimid = netcdf.defDim(ncid,'Xdim',50);

% Take file out of define mode.
netcdf.endDef(ncid);

% Synchronize the file to disk.
netcdf.sync(ncid)