Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

netcdf.inqVarChunking

NetCDF 変数のチャンク化設定の決定

構文

[storage,chunkSizes] = netcdf.inqVarChunking(ncid,varid)

説明

[storage,chunkSizes] = netcdf.inqVarChunking(ncid,varid) は、ncid によって指定されるファイルまたはグループにある varid によって指定される NetCDF 変数のチャンク化の型およびチャンクの次元を返します。

入力引数

ncid

netcdf.create または netcdf.open によって返される NetCDF ファイルの識別子、または netcdf.defGrp によって返される NetCDF グループ。

varid

netcdf.defVar によって返される NetCDF 変数の識別子。

出力引数

storage

NetCDF がファイルへの書き込み時にデータをチャンクに分割するかどうかを指定する文字ベクトル。値 'CHUNKED' はデータをチャンク化することを表します。'CONTIGUOUS' はデータをチャンク化しないことを表します。

chunkSizes

チャンクの次元を指定する配列。

MATLAB® は FORTRAN スタイルの並びを使用するため、chunkdims の次元の並びは、NetCDF C API の並びと逆になります。

指定されるストレージ型が CONTIGUOUS の場合、netcdf.inqVarChunking は、空の配列 [] を返します。

この例では、NetCDF サンプル データセットを開き、変数に関連付けられるチャンク化パラメーターの値を取得します。

ncid = netcdf.open('example.nc','NOWRITE');
groupid = netcdf.inqNcid(ncid,'grid1');
varid = netcdf.inqVarID(groupid,'temp');
[storage,chunkSize] = netcdf.inqVarChunking(groupid,varid);
netcdf.close(ncid);

参照

この関数は、netCDF ライブラリ C API の関数 nc_inq_var_chunking に相当します。

著作権に関する情報については、netcdfcopyright.txt ファイルと mexnccopyright.txt ファイルを参照してください。