Main Content

netcdf.defGrp

NetCDF ファイルのグループの作成

説明

childGrpID = netcdf.defGrp(parentGroupId,childGroupName) は、parentGroupId によって指定された親グループの子である childGroupName によって指定された名前をもつ子グループを作成します。

メモ

この関数は、NetCDF ライブラリ C API の関数 nc_def_grp に相当します。

NetCDF データセットの作成とグループの定義

この例では、NetCDF データセットを作成して、グループを定義します。

ncid = netcdf.create("myfile.nc","netcdf4");
childGroupId = netcdf.defGrp(ncid,"mygroup");
netcdf.close(ncid);

入力引数

すべて折りたたむ

関数 netcdf.create または関数 netcdf.open によって返される NetCDF ファイルの識別子、または関数 netcdf.defGrp によって返される NetCDF グループの識別子。

データ型: double

割り当てる子グループ名。string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。

データ型: string | char

出力引数

すべて折りたたむ

NetCDF グループの識別子。整数として返されます。

データ型: double

バージョン履歴

R2010b で導入