Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

netcdf.inqGrps

子グループ ID の配列の取得

構文

childGrps = netcdf.inqGrps(ncid)

説明

childGrps = netcdf.inqGrps(ncid) は、ncid によって指定される親グループのすべての子グループ ID を返します。

入力引数

ncid

netcdf.create または netcdf.open によって返される NetCDF ファイルの識別子、または netcdf.defGrp によって返される NetCDF グループ。

出力引数

childGrps

指定された NetCDF ファイルまたはグループの子グループの識別子を含んでいる配列。

この例では、NetCDF サンプル ファイルを開き、含まれているグループについての情報を取得します。

 ncid = netcdf.open('example.nc','nowrite');
 childGroups = netcdf.inqGrps(ncid);
 netcdf.close(ncid);

参照

この関数は、netCDF ライブラリ C API の関数 nc_inq_grps に相当します。

著作権に関する情報については、netcdfcopyright.txt ファイルと mexnccopyright.txt ファイルを参照してください。