Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

netcdf.defVar

構文

varid = netcdf.defVar(ncid,varname,xtype,dimids)

説明

varid = netcdf.defVar(ncid,varname,xtype,dimids) は、ncid によって識別されるデータセットで新しい変数を作成します。

varname は、変数名を指定する文字ベクトルまたは string スカラーです。

xtype は、次の値のいずれかを使用して変数の NetCDF データ型を指定します。

xtype の値MATLAB® クラス
'NC_BYTE'int8 または uint8[a]
'NC_CHAR'char
'NC_SHORT'int16
'NC_INT'int32
'NC_FLOAT'single
'NC_DOUBLE'double

[a] NetCDF interprets byte data as either signed or unsigned.

あるいは、xtype を関数 netcdf.getConstant から返された等価な数値にすることもできます。

dimids は、次元 ID のリストを指定します。

関数 netcdf.defVar は、新しい変数の数値識別子 varid を返します。

この関数は、NetCDF ライブラリ C API の関数 nc_def_var に相当します。MATLAB は FORTRAN スタイルの順序付けを使用するため、変化の最も速い次元が 1 番目に、最も遅い次元が最後になります。そのため、制限のない次元は、次元 ID のリストの最後になります。この順番は、C API の並びと逆です。この関数を使用するには、NetCDF プログラミング パラダイムに関する知識が必要です。

すべて折りたたむ

新しい NetCDF ファイルを作成してファイルで次元を定義し、その次元に変数を定義します。NetCDF ファイルでは、変数を作成する前に次元を作成しなければなりません。この例を実行するには、現在のフォルダーへの書き込み権限が必要です。

foo.nc という名前の新しい NetCDF ファイルを作成します。

ncid = netcdf.create('foo.nc','NC_NOCLOBBER');

新しいファイルで次元を定義します。

dimid = netcdf.defDim(ncid,'x',50);

netcdf.defVar を使用して新しいファイルに変数を定義します。

varid = netcdf.defVar(ncid,'myvar','NC_DOUBLE',dimid)
varid = 0

netcdf.defVar は、新しい変数の数値識別子を返します。

ファイルを閉じます。

netcdf.close(ncid)