Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

netcdf.inqVar

変数に関する情報

構文

[varname,xtype,dimids,natts] = netcdf.inqVar(ncid,varid)

説明

[varname,xtype,dimids,natts] = netcdf.inqVar(ncid,varid) は、varid によって識別される変数に関する情報を返します。引数 ncid は、関数 netcdf.create または関数 netcdf.open によって返される netCDF ファイル識別子です。

出力引数 varname は変数の名前です。xtype はデータ型、dimids は次元 ID、natts は変数に関連付けられている属性の数です。次元の ID 値は 0 ベースです。

この関数は、NetCDF ライブラリ C API の関数 nc_inq_var に相当します。MATLAB® は FORTRAN スタイルの順序付けを使用するため、次元 ID の順序は、C API から取得される順序と逆になります。この関数を使用するには、NetCDF プログラミング パラダイムに関する知識が必要です。

MATLAB に含まれている netCDF サンプル ファイル example.nc を開き、ファイル内の変数に関する情報を取得します。

% Open the example netCDF file.
ncid = netcdf.open('example.nc','NC_NOWRITE');

% Get information about third variable in the file.
[varname, xtype, dimids, numatts] = netcdf.inqVar(ncid,2)

varname =

peaks


xtype =

     5


dimids =

     0     1


numatts =

     1     1