Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

netcdf.defVarChunking

NetCDF 変数のチャンク動作の定義

構文

netcdf.defVarChunking(ncid,varid,storage,chunkDims)

説明

netcdf.defVarChunking(ncid,varid,storage,chunkDims) は、varid によって指定される変数のチャンク設定を実行します。チャンク化はパフォーマンスを向上させる手法です。storage は使用するチャンク化の型を指定し、chunkDims はチャンク サイズの範囲を指定します。変数を作成した後、変数にデータを書き込む前に、変数と共に使用するチャンク サイズを指定しなければなりません。

netCDF-3 モードで作成された NetCDF ファイルの変数には、チャンクのサイズを指定できません (CLASSIC_MODEL)。

入力引数

ncid

netcdf.create または netcdf.open によって返される NetCDF ファイルの識別子、または netcdf.defGrp によって返される NetCDF グループ。

varid

netcdf.defVar によって返される NetCDF 変数の識別子。

storage

ファイルに書き込む際に NetCDF が変数をチャンクに分割するかどうかを指定する文字ベクトルまたは string スカラー。'CHUNKED' に設定されている場合、NetCDF は変数をチャンクに分割します。'CONTIGUOUS' に設定されている場合、NetCDF はデータをチャンクに分割しません。

chunkDims

チャンクの次元を指定する配列。

MATLAB® は FORTRAN スタイルの並びを使用するため、chunkdims の次元の並びは、C API の並びと逆になります。

ストレージが 'CONTIGUOUS' の場合は、chunkDims を省略できます。

既定値: NetCDF ライブラリによって決定されたチャンク サイズ。

この例では、NetCDF ファイルを作成し、変数のチャンク化動作を指定します。

ncid = netcdf.create('myfile.nc','NETCDF4');
latdimid = netcdf.defDim(ncid,'lat',1800);
londimid = netcdf.defDim(ncid,'col',3600);
varid = netcdf.defVar(ncid,'earthgrid','double',[latdimid londimid]);
netcdf.defVarChunking(ncid,varid,'CHUNKED',[180 360]);
netcdf.close(ncid);

参照

この関数は、NetCDF ライブラリ C API の関数 nc_def_var_chunking に相当します。

著作権に関する情報については、netcdfcopyright.txt ファイルと mexnccopyright.txt ファイルを参照してください。