Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

netcdf.inq

netCDF ファイルに関する情報を返します。

構文

[ndims,nvars,ngatts,unlimdimid] = netcdf.inq(ncid)

説明

[ndims,nvars,ngatts,unlimdimid] = netcdf.inq(ncid) は、netCDF ファイルの次元、変数、およびグローバル属性の数を返します。また、長さを制限せずに定義された次元 ID が存在する場合は、それも返します。

ncid は、関数 netcdf.create または関数 netcdf.open によって返される netCDF ファイル識別子です。関数 netcdf.inq は、定義モードとデータ モードのいずれでも呼び出し可能です。

この関数は、NetCDF ライブラリ C API の関数 nc_inq に相当します。この関数を使用するには、NetCDF プログラミング パラダイムに関する知識が必要です。

この例では、MATLAB® に含まれている netCDF サンプル ファイル example.nc を開き、関数 netcdf.inq を使用してファイルの内容に関する情報を取得します。

% Open netCDF example file.
ncid = netcdf.open('example.nc','NC_NOWRITE')

% Get information about the contents of the file.
[numdims, numvars, numglobalatts, unlimdimID] = netcdf.inq(ncid)

numdims =

     4


numvars =

     4


numglobalatts =

     1


unlimdimID =

     3