Main Content

netcdf.getAtt

NetCDF 属性を返す

構文

attrvalue = netcdf.getAtt(ncid,varid,attname)
attrvalue = netcdf.getAtt(ncid,varid,attname,output_datatype)

説明

attrvalue = netcdf.getAtt(ncid,varid,attname) は、attname に含まれる属性名の値 attrvalue を返します。attname は文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。attrvalue のデータ型が選択されると、MATLAB® は NetCDF クラスの属性の照合を試行します。たとえば、属性に NetCDF データ型 NC_INT があると、MATLAB は出力データに int32 クラスを使用します。属性に NetCDF データ型 NC_BYTE がある場合は、出力データのクラスは int8 の値になります。

attrvalue = netcdf.getAtt(ncid,varid,attname,output_datatype) は、output_datatype が指定する出力クラスを使用し、attname によって指定される属性名の値値 attrvalue を返します。次のいずれかの値を使用して出力データ型を指定します。

  • 'double'

  • 'single'

  • 'int64'

  • 'uint64'

  • 'int32'

  • 'uint32'

  • 'int16'

  • 'uint16'

  • 'int8'

  • 'uint8'

  • 'char'

この関数は、NetCDF ライブラリ C API のさまざまな属性の I/O 関数に相当します。この関数を使用するには、NetCDF プログラミング パラダイムに関する知識が必要です。

この例では、MATLAB に含まれている NetCDF サンプル ファイル example.nc を開き、最初の変数に関連付けられている属性の値を取得します。また、ファイルのグローバル変数の値を取得します。

% Open a NetCDF file.
ncid = netcdf.open('example.nc','NC_NOWRITE');

% Get name of first variable.
[varname vartype vardimIDs varatts] = netcdf.inqVar(ncid,0);

% Get ID of variable, given its name.
varid = netcdf.inqVarID(ncid,varname);

% Get attribute name, given variable id.
attname = netcdf.inqAttName(ncid,varid,0);

% Get value of attribute.
attval = netcdf.getAtt(ncid,varid,attname);

% Get name of global attribute
gattname = netcdf.inqAttName(ncid,netcdf.getConstant('NC_GLOBAL'),0);

% Get value of global attribute.
gattval = netcdf.getAtt(ncid,netcdf.getConstant('NC_GLOBAL'),gattname)

gattval =

09-Jun-2008