Main Content

netcdf.getVar

NetCDF 変数からのデータの読み取り

構文

data = netcdf.getVar(ncid,varid)
data = netcdf.getVar(ncid,varid,start)
data = netcdf.getVar(ncid,varid,start,count)
data = netcdf.getVar(ncid,varid,start,count,stride)
data = netcdf.getVar(___,output_type)

説明

data = netcdf.getVar(ncid,varid) は、varid によって指定される変数の値 data を返します。MATLAB® は、出力データのクラスと変数の NetCDF クラスを一致させようとします。

メモ

NC_CHAR 型の変数について、関数 netcdf.getVar は ASCII エンコード文字のみを含む data の読み取りだけをサポートしています。NetCDF-4 ファイルは、NC_STRING 型の変数で UTF-8 エンコード文字の書き込みをサポートしています。

ncid は、関数 netcdf.create または関数 netcdf.open によって返される NetCDF ファイル識別子です。

data = netcdf.getVar(ncid,varid,start)は、指定したインデックス start で始まる単一の値を読み込みます。

data = netcdf.getVar(ncid,varid,start,count) は連続した変数のセクションを返します。start は始点を指定し、count は戻り値の量を指定します。

data = netcdf.getVar(ncid,varid,start,count,stride) は変数セクションのサブセットを返します。start は始点を、count はセクションの範囲を、stride は戻り値を指定します。

data = netcdf.getVar(___,output_type) は戻り値 data のデータ型を指定します。output_type は次の値のいずれかとして指定します。

  • 'double'

  • 'single'

  • 'int64'

  • 'uint64'

  • 'int32'

  • 'uint32'

  • 'int16'

  • 'uint16'

  • 'int8'

  • 'uint8'

  • 'char'

この関数は、NetCDF ライブラリ C API のいくつかの関数に相当します。この関数を使用するには、NetCDF プログラミング パラダイムに関する知識が必要です。

すべて折りたたむ

サンプル ファイル example.nc を開きます。

ncid = netcdf.open('example.nc','NC_NOWRITE');

ファイルにある最初の変数の名前を取得します。

varname = netcdf.inqVar(ncid,0)
varname = 
'avagadros_number'

最初の変数の名前を使用して変数 ID を取得します。

varid = netcdf.inqVarID(ncid,varname)
varid = 0

変数の値を取得します。関数 netcdf.getVar への 2 番目の入力として変数 ID を使用します。

data = netcdf.getVar(ncid,varid)
data = 6.0221e+23

出力値のデータ型を表示します。

whos data
  Name      Size            Bytes  Class     Attributes

  data      1x1                 8  double              

出力データ型を single に指定して、変数 avogadros_number の値をもう一度取得します。

data = netcdf.getVar(ncid,varid,'single');

出力値のデータ型を表示します。

whos data
  Name      Size            Bytes  Class     Attributes

  data      1x1                 4  single              

NetCDF ファイルを閉じます。

netcdf.close(ncid)