Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

netcdf.inqVarDeflate

NetCDF 変数の圧縮設定の決定

構文

[shuffle,deflate,deflateLevel] = netcdf.inqVarDeflate(ncid,varid)

説明

[shuffle,deflate,deflateLevel] = netcdf.inqVarDeflate(ncid,varid) は、ncid によって指定される場所にある varid によって指定される NetCDF 変数の圧縮パラメーターを返します。

入力引数

ncid

netcdf.create または netcdf.open によって返される NetCDF ファイルの識別子、または netcdf.defGrp によって返される NetCDF グループ。

varid

netcdf.defVar によって返される NetCDF 変数の識別子。

出力引数

shuffle

論理値。true は、シャッフル フィルターが指定された変数で有効であることを示します。シャッフル フィルターは、データ ストリームのバイト順を変更することにより、整数データの圧縮に役立ちます。

deflate

論理値。true は、圧縮がこの変数で有効であることを示します。deflateLevel 引数は、圧縮のレベルを指定します。

deflateLevel

圧縮量を指定する 0 から 9 までのスカラー値。ここで 0 は圧縮なしで、9 は最大圧縮です。

この例では、NetCDF サンプル ファイルを開き、変数圧縮についての情報を取得します。

ncid = netcdf.open('example.nc','NOWRITE');
groupid = netcdf.inqNcid(ncid,'grid1');
varid = netcdf.inqVarID(groupid,'temp');
[shuffle,deflate,deflateLevel] = netcdf.inqVarDeflate(groupid,varid);
netcdf.close(ncid);

参照

この関数は、netCDF ライブラリ C API の関数 nc_inq_var_deflate に相当します。

著作権に関する情報については、netcdfcopyright.txt ファイルと mexnccopyright.txt ファイルを参照してください。