Main Content

netcdf.reDef

netCDF ファイルを定義モードに設定します。

構文

netcdf.reDef(ncid)

説明

netcdf.reDef(ncid) は、次元、変数、属性の追加、または、名前の変更が可能になるように、開いている netCDF ファイルを定義モードに設定します。定義モードでは属性も削除できます。ncid は、以前の関数 netcdf.open または関数 netcdf.create への呼び出しから返される、有効な NetCDF ファイルの ID です。

この関数は、NetCDF ライブラリ C API の関数 nc_redef に相当します。この関数を使用するには、NetCDF プログラミング パラダイムに関する知識が必要です。

ファイル my_example.nc は、MATLAB® に含まれている netCDF サンプル ファイル example.nc のローカル コピーです。

% Create a netcdf classic file 
ncid = netcdf.create('myfile.nc','CLASSIC_MODEL');
dimid = netcdf.defDim(ncid,'lat',50);
netcdf.endDef(ncid);
netcdf.close(ncid);
% Open the netcdf classic file
ncid = netcdf.open('myfile.nc','NC_WRITE')
%Put file in define mode.
netcdf.reDef(ncid);
% Try to define a dimension again. Should succeed.
dimid = netcdf.defDim(ncid, 'lon', 50);