Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

netcdf.setChunkCache

NetCDF ライブラリの既定のチャンク キャッシュ設定の実行

構文

netcdf.setChunkCache(csize,nelems,premp)

説明

netcdf.setChunkCache(csize,nelems,premp) は、NetCDF ライブラリによって使用される既定のチャンク キャッシュ設定を実行します。

設定は、MATLAB® セッションの残りの期間または clear mex 呼び出しを発行するまで、以降のファイルを開く操作または作成する操作に適用されます。この関数は、既に開かれているファイルのチャンク キャッシュ設定を変更しません。

入力引数

csize

生データ チャンク キャッシュの合計サイズをバイト単位で指定する double のスカラー。

nelems

生データ チャンク キャッシュ ハッシュ テーブルのチャンク スロットの数を指定する double のスカラー。

premp

ライブラリがチャンク キャッシュで完全に読み込まれたチャンクへのプリエンプションを処理する方法を指定する 0 から 1 までの double のスカラー。0 の値は、完全に読み込まれたチャンクが他のチャンクと同じように処理されることを意味します。つまり、プリエンプションは最長時間未使用の (LRU) アルゴリズムのみに基づいて発生します。1 の値は、完全に読み込まれたチャンクは、他のチャンクの前に常にプリエンプトされることを意味します。

この例では、NetCDF ライブラリによって使用されるキャッシュ チャンク サイズを設定します。

 netcdf.setChunkCache(32000000, 2003, .75)

参照

この関数は、NetCDF ライブラリ C API の関数 nc_set_chunk_cache に相当します。

著作権に関する情報については、netcdfcopyright.txt ファイルと mexnccopyright.txt ファイルを参照してください。