ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

時系列オブジェクト

時間依存データを含む timeseries オブジェクトの作成、変更、および解析

timeseries オブジェクトは、動的な処理を記述するプロパティ内にデータと時刻の情報を含んでいます。timeseries オブジェクト関数を使用して時系列の動作を作成、変更、および解析できます。

関数

すべて展開する

timeseriestimeseries オブジェクトの作成
addeventtimeseries へのイベントの追加
addsampleデータ サンプルを timeseries オブジェクトに追加
appendtimeseries オブジェクトを時間順に連結
deleventtimeseries からイベントを削除
delsampletimeseries オブジェクトからサンプルを削除
detrendtimeseries オブジェクトからの平均値または最適な近似の減算
filtertimeseries オブジェクトの周波数成分の変更
idealfiltertimeseries の理想フィルター
plottimeseries のプロット
resampletimeseries 時間ベクトルのリサンプリング
settimeseries プロパティの設定
setabstimetimeseries 時間を日付文字ベクトルとして設定
setinterpfunctiontimeseries オブジェクトに既定の内挿法を設定
setuniformtimetimeseries の等間隔時間ベクトルの修正
synchronize2 つの timeseries オブジェクトを共通の時間ベクトルを使用して同期およびリサンプリングする
gettimeseries プロパティのクエリ
getabstimetimeseries 時間ベクトルを cell 配列に変換
getdatasamplestimeseries データ サンプルへのアクセス
getdatasamplesizetimeseries データ サンプルのサイズ
getinterpmethodtimeseries の内挿法
getqualitydesctimeseries のデータ特性
getsamplestimeseries のサブセット
getsampleusingtimetimeseries データのサブセット
gettsafterateventイベント時またはイベント後に timeseries を作成
gettsaftereventイベント後に timeseries を作成
gettsateventイベント時の timeseries を作成
gettsbeforeateventイベント時またはイベント前の timeseries の作成
gettsbeforeeventイベント前の timeseries を作成
gettsbetweeneventsイベント間の timeseries を作成
iqrtimeseries データの四分位数間範囲
maxtimeseries データの最大値
meantimeseries データの平均値
mediantimeseries データの中央値
mintimeseries データの最小値
stdtimeseries データの標準偏差
sumtimeseries データの和
vartimeseries データの分散

トピック

時系列とは

時系列は、時間を追って順にサンプリングされたデータ ベクトルで、動的な処理の変化を表します。

時系列オブジェクト

MATLAB® では、timeseries オブジェクトと tscollection オブジェクトの 2 種類の時系列オブジェクトがあります。