最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mean

timeseries データの平均値

説明

tsmean = mean(ts) は、timeseries オブジェクトのデータ サンプルの平均値を返します。

tsmean = mean(ts,Name,Value) は、平均値の計算時に、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して追加のオプションを指定します。たとえば、tsmean = mean(ts,'Quality',-99,'MissingData','remove') は、欠損サンプル特性コードとして -99 を定義し、平均値を計算する前に欠損サンプルを削除します。

すべて折りたたむ

timeseries オブジェクトを作成し、データ サンプルの平均値を計算します。

ts = timeseries((1:5)');
tsmean = mean(ts)
tsmean = 3

入力引数

すべて折りたたむ

入力 timeseries。スカラーとして指定します。

データ型: timeseries

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: tsmean = mean(ts,'Quality',-99,'MissingData','remove')

欠損値インジケーター。-128 ~ 127 の範囲の整数のスカラー、ベクトル、行列、または多次元配列として指定します。各要素は、欠損データとして扱う特性コードです。

既定では、欠損データは計算の前に削除されます。データを削除せずに内挿するには、名前と値のペア 'MissingData','interpolation' を指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

欠損データ メソッド。'remove' を指定すると欠損値が削除され、'interpolate' を指定するとデータの内挿により欠損値が埋められます。名前と値のペア 'Quality' は、どのデータ サンプルを欠損データと見なすかを指定します。

重み。'none' または 'time' として指定します。
'time' を指定した場合、大きい時間値は大きい重みに相当します。

アルゴリズム

MATLAB® は、次のようにして重み付けを決定します。

  1. 次のように、各時間値の順序に応じて重み付けを行います。

    • 最初の時間ポイント — 最初の時間間隔の時間 (t(2) - t(1))

    • 最初の時間ポイントまたは最後の時間ポイントのいずれでもない時間ポイント — 前の時間間隔の中間ポイントと、次の時間間隔の中間ポイントの間の時間 ((t(k + 1) - t(k))/2 + (t(k) - t(k - 1))/2)

    • 最後の時間ポイント — 最後の時間間隔の時間 (t(end) - t(end - 1))

  2. 各重み付けをすべての重み付けの平均で除算して、各時間の重み付けを正規化します。

    メモ

    timeseries オブジェクトが均一にサンプリングされている場合は、各時間の正規化された重み付けは 1.0 です。したがって、時間の重み付けによる影響はありません。

  3. 正規化された重み付けで各時間のデータを乗算します。

参考

| | | |

R2006a より前に導入